スヴャトスラフ・ヤロスラヴィチ (ムーロム公)

スヴャトスラフ・ヤロスラヴィチロシア語: Святослав Ярославич、? - 1145年)はヤロスラフ・スヴャトスラヴィチの子である。リャザン公:1129 - 1143年、ムーロム公:1143年 - 1145年。

生涯編集

1129年、ムーロム公位にあった父の死後、ムーロム公国の一部[注 1]を弟のロスチスラフと共に共同で統治した[1]。すなわち、スヴャトスラフはリャザン公国を統治し、ロスチスラフはプロンスク公国を統治した。

1143年の冬、兄のユーリーが死んだ後に、スヴャトスラフはムーロム公位に就き、弟のロスチスラフはリャザン公となった。

1145年ムーロムで死亡した[2]

編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ リャザン公国・プロンスク公国は初めはムーロム公国の一部だった。

出典編集

  1. ^ Воскресенская летописьヴォスクレセンスカヤ年代記) // Полное собрание русских летописей. М, 1965. Т. XV.
  2. ^ Лаврентьевская летописьラヴレンチー年代記)// Полное собрание русских летописей. М, 1965. Т.Ⅰ

参考文献編集

  • Славянская энциклопедия. Киевская Русь — Московия: в 2 т. / Автор-составитель В. В. Богуславский. — Т. 2. — С. 336.
  • Иловайский Д. И. История Рязанского княжества. М., 1884.
  • Рапов О. М. Княжеские владения на Руси в X— нач. XII вв. М., 1977.
  • Родословная Российская книга кн. Я. ß. Долгорукова. В 4 томах. СПб., 1854—1858.
  • Татищев В. Н. История российская. М—Л., 1962—1964
  • Тихомиров Д. Историческое исследование о генеалогии князей рязанских, муромских, пронских с приложением росписей. М., 1844.