ダヴィド・スヴャトスラヴィチ (リャザン公)

ダヴィド・スヴャトスラヴィチロシア語: Давыд Святославич、? - 1147年[1])は初代リャザン公スヴャトスラフ・ヤロスラヴィチの子である。プロンスク公:1143年 - 1146年、リャザン公:1147年。

ダヴィドは1143年よりプロンスク公位にあった。その後、1147年にはリャザン公として記述されている[1]。それはおそらく、叔父のロスチスラフリャザンから敗走した後に、リャザン公位を占有したものと推測されている。

出典編集

  1. ^ a b Никоновская летопись

参考文献編集

  • Славянская энциклопедия. Киевская Русь — Московия: в 2 т. / Автор-составитель В. В. Богуславский. — Т. 1. — С. 326.