スーパーフェザー級

格闘技の階級のひとつ

スーパーフェザー級: super feather weight)は、ボクシングで用いられる階級の一つ。フェザー級の“やや上”なので「スーパー」が付く。

ボクシング編集

プロボクシングでの契約ウェートは、126 - 130ポンド (57.153 - 58.967kg) 。フェザー級ライト級の間の階級であり、全17階級中8番目に軽い階級。日本のプロボクシングでの旧名は「ジュニアライト級」(英:junior light weight)。

アマチュアではこの階級に相当する階級は存在せず、ライト級に属する。

初代世界王者はジョニー・ダンディーアメリカ合衆国

日本人として初めて同級世界王座を獲得したのは沼田義明極東)。

この階級の世界王座最多防衛記録はトッド・モーガン(アメリカ合衆国)とブライアン・ミッチェル南アフリカ共和国 / WBA)の12度。日本の選手の最多防衛記録は、内山高志ワタナベ / WBA)の11度。

当時は前人未到の6階級制覇を達成したオスカー・デ・ラ・ホーヤが最初に世界王座を獲得した階級だった。

キックボクシング編集

K-1編集

M-1スポーツメディア体制のK-1(K-1 WORLD GP)での契約ウェートは60.0kgに規定されている。

ムエタイ編集

ムエタイでの契約ウェートは、126 - 130ポンド (57.153 - 58.967kg) 。フェザー級ライト級の間の階級であり、全19階級中8番目に軽い階級。世界ムエタイ評議会により規定されている[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 6. Age, Weight Divisions and Weigh-inWorld Muaythai Council 2020年4月3日

関連項目編集

外部リンク編集