水谷智佳

水谷 智佳(みずたに ちか、1981年7月18日 - )は、日本プロボクサー宮田ボクシングジム所属。右ボクサーファイター。初代OPBF東洋太平洋女子スーパーフェザー級王者。初代ABCO女子同級王者(JBC非公認)。富士見高等学校文教大学教育学部卒。静岡県熱海市出身。

水谷 智佳
Replace this image JA.svg
基本情報
本名 水谷 智佳
(みずたに ちか)
階級 スーパーフェザー級
身長 172cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1981-07-18) 1981年7月18日(36歳)
出身地 静岡県熱海市
スタイル 右ボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 21(JBC非公認含む)
勝ち 14
KO勝ち 7
敗け 7
テンプレートを表示

目次

来歴編集

JWBC編集

大学在学中、友人の誘いでボクシング観戦して興味を持ち、その友人が通う宮田ジムに入門[1]

JWBC時代の2006年6月10日、同ジム女子第1号として真保輝子戦でデビュー。

2007年11月9日、中国丹東市で開催されたPABA女子フェザー級王座決定戦で元世界王者高麗君と対戦し、判定負けで王座獲得ならず。

JBCデビュー編集

2008年JBC第1回プロテストを受験。B級ライセンスを取得。7月30日に代々木第一体育館で行われた坂田健史内藤大助ダブルタイトルマッチのアンダーカードでJBCデビュー。ノンメイ・ルークサイコンディンに2回TKO勝ち[2]

2008年9月28日、ディファ有明楊鈺瑩と対戦し、2-1の判定勝ち[3]

2008年12月23日、両国国技館で開かれた3大タイトルマッチのアンダーカードとして金智娟と対戦し、2-1の判定勝ち。

2009年5月26日に上海で内藤 vs. 熊朝忠のアンダーカードとして楊と初代OPBF女子東洋太平洋スーパーフェザー級王座決定戦を戦う予定だったが、興行が中止になり、同王座決定戦は日本開催として7月7日後楽園ホールに延期された。

その後、楊鈺瑩がアマチュア復帰[4]の意向を示したため[5]、相手がまだプロで1戦しか経験していない楊瑩に変更され、さらにその相手が計量失敗によりノンタイトルに変更された[6]。試合は初回TKO勝ち[7]。この試合が水谷とって初のメインイベントであり、かつ初の後楽園での試合であった。

東洋太平洋王座獲得編集

2010年3月9日、金智娟相手に同王座決定戦に挑む(大久保雅史 vs. ロッキー・フエンテスとのダブル東洋太平洋戦として)。オープンスコアで劣勢だったものの、8回TKO勝ちで初代王座を獲得した[8]。敗れた金はこの試合を最後に引退し、総合格闘技に転向した。

世界初挑戦 - 現在編集

2010年7月17日、韓国・忠南清道礼山郡にてWBA女子世界スーパーフェザー級暫定王座決定戦に挑むが、金孝玟に0-3の判定で敗れプロ2敗目、JBCでは初敗北[9]

2010年12月19日、中国・雲南省昆明にてシェン・ダンユエと空位のABCO女子スーパーフェザー級王座を争う。6回でダウンを奪い、2-1判定で勝利。OPBFに続き2本目のベルトを獲得した。なお、ABCOはWBC傘下のアジア地域を統括するプロボクシング団体で、ABCO王座はJBC非公認の地域王座である(日本がABCOに非加盟だというだけではなく、ABCOと同じWBC傘下のOPBFの本部国である為)。日本の選手によるABCO王座獲得はクレイジー・キムに次いで2人目で女子は初。同王座は防衛戦をするこなく2012年までに返上している。

2011年4月4日、OPBF東洋太平洋女子ライト級王者の風神ライカと61.7kg契約のノンタイトルを戦うが4回、自身初のKO負けを喫する。

2011年8月10日、井岡一翔 vs. ファン・エルナンデスのアンダーカードでグランサク・ノンタブリを3回TKOで降す。

2012年1月26日、粉川拓也 vs. 池原繁尊の日本王座決定戦のアンダーカードとしてOPBF東洋太平洋女子フェザー級3位のペットラムドゥアン・ウォーポーサクタイと対戦し判定勝利。この試合はTBSチャンネルで中継された。

2012年4月26日、粉川 vs. 林徹磨の日本タイトルマッチのアンダーカードとしてノングプレム・モンソンジムに3回TKO勝利。

2012年10月31日、粉川 vs. 山口桂太の日本タイトルマッチのセミ前でムエイレック・ゴーナロンサービスに1回TKO勝利。

2013年2月27日、粉川 vs. 池原2の日本タイトルマッチのアンダーカードとしてグランサック・ノンタブリーと対戦。2回TKO勝利。

2013年6月15日、アルゼンチンブエノスアイレスにてWBC女子世界ライト級王者エリカ・ファリアスと対戦し、0-3の判定負けを喫し王座獲得に失敗した[10]

2015年5月23日、韓国・聞慶市でWBA女子世界スーパーフェザー級王者崔賢美に挑戦[11]。しかし、0-3の判定で敗れ4度目の世界挑戦も実らなかった[12][13]

2016年3月6日、とどろきアリーナにて元東洋太平洋女子バンタム級王者三好喜美佳相手に対戦相手が見つからず獲得から6年経過した東洋太平洋女子スーパーフェザー級王座の初防衛に挑むが、0-3(73-79×2、72-80)の大差判定で敗れ王座陥落[14][15]

戦績編集

  • JBC公認前: 5戦 3勝 2敗
  • JBC公認後: 16戦 11勝 7KO 5敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2006年6月10日 勝利 4R 判定3-0 真保輝子(カドエビGC)   日本 プロデビュー戦
2 2006年10月29日 勝利 4R 判定2-0 真保輝子(カドエビGC)   日本
3 2007年4月15日 勝利 4R 判定3-0 チョン・ヒョンスク   韓国
4 2007年6月23日 敗北 10R 判定0-3 ウ・ジヘ   韓国 IFBAスーパーフェザー級タイトルマッチ
5 2007年11月9日 敗北 10R 判定0-3 高麗君   中国 PABA女子フェザー級タイトルマッチ
6 2008年7月30日 勝利 2R 1:58 TKO ノンメイ・ルークサイコンディン   タイ
7 2008年9月28日 勝利 6R 判定2-1 楊鈺瑩   中国
8 2008年12月23日 勝利 6R 判定2-1 金智娟   韓国
9 2009年7月7日 勝利 1R 1:41 TKO 楊瑩   中国
10 2010年3月9日 勝利 8R 0:43 TKO 金智娟   韓国 OPBF女子スーパーフェザー級王座決定戦
11 2010年7月17日 敗北 10R 判定0-3 金孝玟   韓国 WBA女子スーパーフェザー級暫定王座決定戦
12 2010年12月19日 勝利 10R 判定2-1 シェン・ダンユエ   中国 ABCO女子ライト級王座決定戦
13 2011年4月4日 敗北 4R 1:54 KO 風神ライカ(竹原&畑山)   日本
14 2011年8月10日 勝利 3R 1:08 TKO グランサク・ノンタブリ   タイ
15 2012年1月26日 勝利 8R 判定3-0 ペットラムドゥアン・ウォーポーサクタイ   タイ
16 2012年4月26日 勝利 3R 0:57 TKO ノングプレム・モンソンジム   タイ
17 2012年10月31日 勝利 1R 1:59 TKO ムエイレック・ゴーナロンサービス   タイ
18 2013年2月27日 勝利 2R TKO グランサック・ノンタブリー   タイ
19 2013年6月15日 敗北 10R 0-3判定 エリカ・ファリアス   アルゼンチン WBC女子世界ライト級タイトルマッチ
20 2015年5月23日 敗北 10R 0-3判定 崔賢美   韓国 WBA女子世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
21 2016年3月6日 敗北 8R 0-3判定 三好喜美佳(竹原&畑山)   日本 OPBF女子スーパーフェザー級王座陥落
テンプレート

獲得タイトル編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ きゃんばすα (PDF)
  2. ^ 中広、僅差判定で吉田制す 世界戦の前座結果 ボクシング総合ポータル「Box-on!」 2008年7月30日
  3. ^ 内藤の後輩粉川ら勝つ ディファ有明の試合 ボクシング総合ポータル「Box-on!」 2008年9月28日
  4. ^ 中国のようにプロの歴史が浅い国ではアマチュア復帰を認める場合もある。
  5. ^ 熊7月再来日-粉川と対戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年6月16日
  6. ^ 楊オーバーウェイト-OPBF女子戦ノンタイトルに ボクシングニュース「Box-on!」 2009年7月7日
  7. ^ 粉川、熊を判定に破る ボクシングニュース「Box-on!」 2009年7月7日
  8. ^ 大久保東洋王座陥落 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年3月10日
  9. ^ “水谷、ベルトに届かず WBA女子暫定王座決定戦”. ボクシングニュース「Box-on!」. (2010年7月17日). http://boxingnewsboxon.blogspot.jp/2010/07/blog-post_4273.html 
  10. ^ 水谷、王座奪取ならず WBC女子ライト級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年6月17日
  11. ^ “水谷智佳あす韓国で女子世界挑戦、ソウルで日韓戦も”. Boxing News. http://boxingnews.jp/news/26373/ 
  12. ^ “水谷、チャンピオン崔に判定負け 女子ボクシング”. 日刊スポーツ. (2015年5月23日). http://www.nikkansports.com/battle/news/1481334.html 
  13. ^ “水谷智佳、韓国で世界タイトル奪取ならず”. Boxing News. http://boxingnews.jp/news/26421/ 
  14. ^ “三好 東洋太平洋女子2階級制覇、水谷からSフェザー級王座奪取”. スポーツニッポン. (2016年3月6日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2016/03/06/kiji/K20160306012167340.html 
  15. ^ “三好喜美佳が新チャンピオン、OPBF女子SFe級”. Boxing News. (2016年3月6日). http://boxingnews.jp/news/35420/ 

関連項目編集

外部リンク編集

空位
2010年創設
初代OPBF東洋太平洋女子スーパーフェザー級王者

2010年3月9日 - 2016年3月6日

次王者
三好喜美佳