メインメニューを開く

ズブダトゥンニサー・ベーグム(Zubdat-un-Nissa Begum, 1651年9月2日 - 1707年2月17日)は、北インドムガル帝国の第6代皇帝アウラングゼーブの四女。母はディルラース・バーヌー・ベーグム

生涯編集

1651年9月2日ムガル帝国の第6代皇帝アウラングゼーブとその妃ディルラース・バーヌー・ベーグムの娘としてデリーで生まれた[1]

1673年2月9日、ズブダトゥンニサー・ベーグムアウラングゼーブの甥シピフル・シコーダーラー・シコーの息子)と結婚した。

1707年2月17日、ズブダトゥンニサー・ベーグムはデリーで死亡した[2]

出典・脚注編集

関連項目編集