メインメニューを開く

セブン・シスターズ』(原題: What Happened to Monday、別題: Seven Sisters)は、2017年制作のイギリスアメリカ合衆国フランスベルギーSF映画

セブン・シスターズ
What Happened to Monday
監督 トミー・ウィルコラ
脚本 マックス・ボトキン英語版
ケリー・ウィリアムソン
製作 ラファエラ・デ・ラウレンティス
ファブリス・ジャンフェルミ
フィリップ・ルスレ
製作総指揮 ティエリー・デミシェル
ガイ・ストーデル
出演者 ノオミ・ラパス
グレン・クローズ
ウィレム・デフォー
音楽 クリスティアン・ヴィーベ英語版
撮影 ホセ・ダビ・モンテーロ
編集 マルティン・シュトルツ
配給 アメリカ合衆国の旗 ネットフリックス
日本の旗 コピアポア・フィルム
公開 イギリスの旗アメリカ合衆国の旗 2017年8月18日
(インターネット公開)
フランスの旗 2017年8月30日
日本の旗 2017年10月21日
上映時間 123分[1]
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フランスの旗 フランス
ベルギーの旗 ベルギー[2]
言語 英語
興行収入 フランスの旗 $14,581,577[3][4]
世界の旗 $19,770,856[4][5]
テンプレートを表示

ノオミ・ラパスが7つ子の姉妹を1人7役で演じている[6][7]

目次

あらすじ編集

21世紀半ば。地球は異常気象と人口過剰によって資源が減少し、戦争や難民問題が繰り返されたことによって主要国はみな滅び去り、ヨーロッパ連邦が新たな超大国として君臨していた。

さらに遺伝子組み換え作物の影響による多生児の増加により、強制的な人口抑制が行われるようになっていた。それは2人目以降の子供が生まれた場合、児童分配局によって親から引き離され、枯渇した地球の資源が回復する日まで冷凍保存されるという一人っ子政策だった。

そんな中、セットマン家で七つ子の姉妹が誕生した。月曜日から日曜日まで各曜日の名前を付けられた彼女たちは、それぞれが週1日だけ外出し、7人で1人の人格カレン・セットマンを演じることで児童分配局を欺いてきた。

しかし、2073年のある日、30歳になっていた彼女たち7姉妹の長女マンデーが外出したまま、夜になっても帰宅しないという事態が発生、これにより、7姉妹の日常が狂い始めていく。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替[8]

脚注編集

外部リンク編集