メインメニューを開く

セムスチン(Semustine)は、化学療法に用いられる薬剤である[1]。構造的にはロムスチンと似ており、メチル基が1つ余分に付いている点が異なる。発癌性が見つかり、IARCグループ1発癌性物質とされたため、市場からは撤退した。

セムスチン
Semustine Structural Formula V1.svg
IUPAC命名法による物質名
識別
CAS番号
13909-09-6 チェック
ATCコード L01AD03 (WHO)
PubChem CID: 5198
ChemSpider 10608205 ×
UNII 6YY7T1T567 チェック
KEGG D05822  チェック
ChEBI CHEBI:6863 ×
化学的データ
化学式 C10H18ClN3O2
分子量 247.72 g/mol
テンプレートを表示

合成編集

 
セムスチンの合成:[2]

出典編集

  1. ^ “Radiation therapy and fluorouracil with or without semustine for the treatment of patients with surgical adjuvant adenocarcinoma of the rectum. Gastrointestinal Tumor Study Group”. J. Clin. Oncol. 10 (4): 549–57. (April 1992). doi:10.1200/JCO.1992.10.4.549. PMID 1548520. http://ascopubs.org/doi/full/10.1200/JCO.1992.10.4.549?url_ver=Z39.88-2003&rfr_id=ori:rid:crossref.org&rfr_dat=cr_pub%3dpubmed. 
  2. ^ Johnston, Thomas P.; McCaleb, George S.; Montgomery, John A. (1963). “The Synthesis of Antineoplastic Agents. XXXII. N-Nitrosoureas.1I.”. Journal of Medicinal Chemistry 6 (6): 669–681. doi:10.1021/jm00342a010. ISSN 0022-2623.