セライト(英語:cerite)は、スウェーデンの鉱物学者アクセル・フレドリク・クルーンステットにより発見・命名された、セリウムを含む複合ケイ酸塩鉱物群。

Cerite
Cerite - Bastnas - Deposit Topotype
分類 Silicate mineral group
化学式 (Ce,La,Ca)9(Mg,Fe3+)(SiO4)6(SiO3OH)(OH)3
結晶系 Trigonal
対称 R3c
晶癖 Massive granular
へき開 None
断口 Uneven
モース硬度 5 to 5.5
光沢 Vitreous to resinous
Clove-brown with a reddish tinge; pale lavender-brown to colorless in thin fragments
条痕 White to greyish white
透明度 Subtranslucent to opaque
比重 4.7 to 4.86
光学性 Uniaxial (+)
屈折率 nω = 1.806 - 1.810 nε = 1.810 - 1.820
複屈折 δ = 0.010
文献 [1][2][3]
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

セライト(Celite®)はCelite Corporation(World Minerals Inc.の子会社)の登録商標。 珪藻土を炭酸ナトリウムとともに焼成した製品。

(Ce,La,Ca)9(Mg,Fe3+)(SiO4)6(SiO3OH)(OH)3.[2] (cerite-(Ce)) and the La rich species (cerite-(La)).[4][5] [3] [6]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集

  •   ウィキメディア・コモンズには、セライトに関するカテゴリがあります。