メインメニューを開く

セラフィック・フェザー

セラフィック・フェザー』は、うたたねひろゆき漫画作品。原作森本洋(単行本1-2巻)、武田俊也(単行本3巻以降)。『月刊アフタヌーン』に1993年11月号から2008年8月号にかけて、およそ15年にわたり連載された。単行本はアフタヌーンKCより全11巻。

セラフィック・フェザー
ジャンル SF漫画
漫画
作者 うたたねひろゆき
出版社 講談社
掲載誌 月刊アフタヌーン
レーベル アフタヌーンKC
発表号 1993年11月号 - 2008年8月号
発表期間 1993年9月25日 - 2008年6月25日
巻数 全11巻
テンプレート - ノート

セラフ (Seraph) とはキリスト教ユダヤ教における熾天使のこと。

あらすじ編集


主要登場人物編集

オオミ・スナオ
超能力を持つ少年。
ケイ・ハイデマン
スナオの幼馴染の少女。
アティム・マザク
国連の査察官。「紅の守護天使」の異名を持つ。
アペプ・ハイデマン
ケイの義兄。
ヒカル・ハイデマン
ケイの姉。アペプの妻。故人。
ファーン・アイリス
アベプの秘書。色黒の女性。彼とは恋仲の関係にある。
アル・ハリハ
ダイスカーツ社の総裁。
A(エー)
マザクの幼い頃にそっくりの容姿を持つ少女。
アンソニー・ハイドロビュート
ダイスカーツ保安部のエージェント。
アナスタシア・ヒシカ
レン
国連軍所属。いつも飄々としていてとらえどころがない。
アリス
サウス・ギゼ
ストレイ
ウォルト・ハイデマン
マザー
テレーゼ

用語編集

エンブレムシード
星船から発見された結晶体。莫大なエネルギーを生み出すだけでなく、無から有を創造することまで可能とする。
センチネル
エンブレムシードの守護者。1号から5号までおり、重力制御など人類には未知の力を行使する。
星船
月で発見された異星人の遺跡。
星人
アゾートによって進化させられ、アゾートによって母星を破壊された異星人の集団。
アゾート
生物の精神エネルギーを食べる鉱物生命体。より大きなエネルギーを得るため生物の進化に介入し、最後は惑星を爆破して増殖・播種する。
従者(サーヴァント)
アゾートを守る者。アゾートが放出するエネルギーで生きる共生体。
軌道エレベータ
ダイスカーツ社
世界経済を支配する巨大企業。総裁はアル・ハリハ。
自由月面興国会議

関連書籍編集

単行本編集

アフタヌーンKC(講談社)から刊行されている。

  1. 1994年4月。ISBN 978-4063140781
  2. 1995年7月。ISBN 978-4063141160
  3. 1996年5月。ISBN 978-4063141320
  4. 1997年10月。ISBN 978-4063141665
  5. 1999年2月。ISBN 978-4063141986
  6. 2000年10月。ISBN 978-4063142525
  7. 2002年3月22日。ISBN 978-4063142853
  8. 2003年9月22日。ISBN 978-4063143317
  9. 2005年3月23日。ISBN 978-4063143690
  10. 2008年9月22日。ISBN 978-4063145205
  11. 2008年9月22日。ISBN 978-4063145267

イラスト集編集

  • セラフィック・フェザーイラストレーションズ - 講談社、1998年12月。ISBN 978-4063300611