セルズドン男爵(英:Baron Selsdon)はイギリスの男爵貴族連合王国貴族爵位。サー・ウィリアム・ミッチェル=トムソン英語版1932年に叙されたことに始まる。[1]本稿では前身となった準男爵位の歴史についても触れる。

歴史編集

 
初代準男爵が邸宅としたビュート・ハウス。現在はスコットランド首相官邸となっている。

スコットランドの実業家サー・ミッチェル・トムソン英語版 (1846–1918)エディンバラ大学総長を務めたのち、1900年9月26日に(ピーブルスシャー州ポルムードの)準男爵(Baronet, of Polmood in the County of Peebles)に叙された。[2][3][4]また彼は同年に勅許を得て、母の姓である「ミッチェル」を加えた「ミッチェル=トムソン」に改姓している。[5]

2代準男爵ウィリアム(1877-1938)は保守党の政治家として活動し、スタンリー・ボールドウィン内閣では郵政大臣英語版を務めている。[6]彼は庶民院議員を辞した後の1932年1月14日に連合王国貴族としてサリー州クロイドンのセルズドン男爵(Baron Selsdon, of Croydon in the County of Surrey) に叙されて、貴族院に転じた。[1][4]

彼の息子である2代男爵ピーター(1913-1963)はレーサーとして名を残しており、1949年度ル・マン24時間レースではルイージ・ギネッティ英語版とともに優勝を果たしている。[7]

3代男爵マルコム(1937-)保守党の政治家として活動しており、1999年の貴族院法制定以降も貴族院に籍を置く92人の世襲貴族の一人である。[4]

2019年現在、彼が男爵家の当主である。

現当主の保有爵位編集

現当主である第3代セルズドン男爵マルコム・マッケンチャーン・ミッチェル=トムソンは、以下の爵位を有する。[4]

  • 第3代サリー州クロイドンのセルズドン男爵(3rd Baron Selsdon, of Croydon in the County of Surrey)
    (1932年1月14日の勅許状による連合王国貴族爵位)
  • 第4代(ピーブルスシャー州ポルムードの)準男爵(4th Baronet, of Polmood in the County of Peebles)
    (1900年9月26日の勅許状による連合王国貴族爵位)

一覧編集

(ポルムードの)準男爵(1900)編集

セルズドン男爵(1932)編集

法定推定相続人は現当主の息子コーラム・マルコム・マッケンチャーン・ミッチェル=トムソン閣下(1969-)。

脚注編集

  1. ^ a b No.33790”. The Gazette 15 January 1932. 2019年11月14日閲覧。
  2. ^ No.27254”. The Gazette 7 December 1900. 2019年11月14日閲覧。
  3. ^ Mosley, Charles, editor. Burke's Peerage, Baronetage & Knightage, 107th edition, 3 volumes. Wilmington, Delaware, U.S.A.: Burke's Peerage (Genealogical Books) Ltd, 2003.
  4. ^ a b c d Selsdon, Baron (UK, 1932)”. Cracroft's Peerage. 2019年11月14日閲覧。
  5. ^ No.27239”. The Gazette 19 October 1900. 2019年11月14日閲覧。
  6. ^ "Lord Selsdon". The Times. The Times Digital Archive. 27 December 1938. p. 10.
  7. ^ 『ルマン 伝統と日本チームの戦い』, p. 223.

関連項目編集

参考文献編集