セレウコス3世

セレウコス朝の君主

セレウコス3世ソテル古代ギリシア語: Σέλευκος Γ΄ ὁ Σωτήρ, ὁ Κεραυνός紀元前243年 - 紀元前223年、在位:紀元前225年12月 - 紀元前223年4月または6月)[1]は、セレウコス朝の君主。セレウコス2世ラオディケ英語版の長男。

セレウコス3世ケラウノス
Σέλευκος Γ΄ ὁ Σωτήρ, ὁ Κεραυνός
セレウコス朝バシリウス
Seleukos III Keraunos, Tetradrachm, 226-223 BC, HGC 3-414c.jpg
セレウコス3世の硬貨
ギリシア語の銘文にはΒΑΣΙΛΕΩΣ ΣΕΛΕΥΚΟΥ(セレウコス王)とある
在位 紀元前225年12月 – 紀元前223年4月or6月

出生 紀元前243年
死去 紀元前223年4月または6月
(享年:20)
次代 アンティオコス3世
家名 セレウコス家
父親 セレウコス2世
母親 ラオディケ中国語版
テンプレートを表示

生涯編集

セレウコス3世の生名は大叔父のアレクサンドロス英語版にちなんでアレクサンドロスと名付けられた。父のセレウコス2世が王に即位すると、セレウコスに名を変えた。父が死ぬと跡を継ぐが、わずか3年間(紀元前225年 - 紀元前223年)の治世だった。彼はペルガモンのアッタロス1世との戦争に勝利できず、軍によりアナトリアで暗殺された[1]。セレウコスの別名ソテルは救世主を意味し、あだ名のケラウノスは雷を意味する。

脚注編集

  1. ^ a b Seleucus III Keraunos”. Livius.org. 2020年3月30日閲覧。
セレウコス3世

紀元前243年 - 紀元前223年

先代:
セレウコス2世
セレウコス朝の王の一覧
紀元前225年 - 紀元前223年
次代:
アンティオコス3世