セレブタントCelebutante)は「セレブリティcelebrity)」と「デビュタントdébutante)」を組み合わせたかばん語であり、主に多くのメディアにライフスタイルなどを注目される裕福な若い人物を指す際に用いられる語である。この言葉は個人(例えばパリス・ヒルトンニコール・リッチーキム・カーダシアンなど)に用いられる[1]ソーシャライト(名士)とは区別される場合もある。この造語の初出は1939年にさかのぼり、社交界デビューすることとなった女性ブレンダ・フレーザーを記述したウェルター・ウィンチェル社交界欄に見られる[2]1985年の『ニューズウィーク』のニューヨーク市のクラブ地区の有名人を記述する際に用いられている[3]

セレブタントと呼ばれる人物編集

女性編集

男性編集

大衆文化編集

書籍編集

映画とテレビ番組編集

リアリティ番組
テレビドラマ
  • ゴシップガール(2007年)
  • NYC Prep(2009年)

音楽編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ABC News describes Paris Hilton as a "celebutante"
  2. ^ Winchell, Walter (1939年4月7日). “On Broadway (syndicated column)”. Daily Times-News 
  3. ^ “James St. James profile”. Newsweek. (1985年6月3日) 

外部リンク編集