センウセレト2世(Senusret II, 在位:紀元前1897年 - 紀元前1878年)は、古代エジプト第12王朝の4代ファラオ(王)。

センウセレト2世
Senusret II
Statue Senusret II Petrie.jpg
古代エジプトファラオ
統治期間 紀元前1897年 - 紀元前1878年,エジプト第12王朝
前王 アメンエムハト2世
次王 センウセレト3世
配偶者 クネメトネフェルヘジェト1世
ネフェルト
子息 センウセレト3世
子女 サート・ハトホル
アメンエムハト2世
埋葬地 アル=ラフーン

概要編集

父王アメンエムハト2世の治世32年目に共同統治者として即位した。その治世中は平穏な時代が続き、ファイユームの農地開発や建築事業など国内の統治に力を入れた。アメンエムハト1世の代以降、政治権力を弱められていた地方の州侯とも友好関係を築き政治を安定させた[1]。センウセレト2世のピラミッドはアル=ラフーンに造られた。考古学者のフリンダーズ・ピートリーはその近くで、ピラミッド建設に携わった労働者の町を発見している。そこから見つかったパピルス文書からは、職人たちの中にはエジプト人だけでなく、外国系の民族も多数含まれていた事が判明している[2]

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

  • ジャック・フィネガン『考古学から見た古代オリエント史』三笠宮崇仁訳、岩波書店、1983年12月。ISBN 978-4-00-000787-0
  • ピーター・クレイトン『古代エジプトファラオ歴代誌』吉村作治監修、藤沢邦子訳、創元社、1999年4月。ISBN 978-4-422-21512-9
  • エイダン・ドドソン、ディアン・ヒルトン『全系図付エジプト歴代王朝史』池田裕訳、東洋書林、2012年5月。ISBN 978-4-88721-798-0

関連項目編集

先代:
アメンエムハト2世
古代エジプト王
前1897年 - 1878年
次代:
センウセレト3世