セント・エリザベス教区

セント・エリザベス教区
Saint Elizabeth in Jamaica.svg
位置 緯度 18°15'N
経度 77°56'W
首府 ブラック・リバー英語版
コーンウォール郡
面積 1,212.4 km²
順位 2番目に大きい教区
人口 150,205人(2011年
主な産業 観光農業ボーキサイト製造業

セント・エリザベス教区(セント・エリザベスきょうく、英語: Saint Elizabeth Parish)は、ジャマイカで2番目に大きい教区[1]。コーンウォール郡で、島の南西に位置する。首府ブラック・リバーは、島で最も長い河川のひとつである同名の川(ブラック川)の河口に位置する。

丘陵地帯にはマルーン(逃亡奴隷)のコミュニティであるアコンポンがある。

産業編集

 
アップルトン・ラム

主な産業は観光農業ボーキサイト、アップルトン・ラムの酒造工場などの製造業である。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Parishes of Jamaica”. Statoids.com (2015年6月30日). 2021年6月20日閲覧。