ソニーバンク証券株式会社(ソニーバンクしょうけん、英文名 Sony Bank Securities Inc.)は、かつて存在したマネックスグループ証券会社である。2013年1月、マネックス証券に吸収合併された。

ソニーバンク証券株式会社
Sony Bank Securities Inc.
種類 株式会社
本社所在地 101-0054
東京都千代田区神田錦町三丁目26番地
設立 2007年6月19日
業種 証券、商品先物取引業
事業内容 金融商品取引業
代表者 代表取締役社長 杉浦康浩
資本金 25億円
主要株主 マネックスグループ 100%
特記事項:関東財務局長(金商)第1628号
テンプレートを表示

概要編集

2010年11月末日現在、顧客口座数47,057口座、預かり資産残高21,485 百万円を有していた。証券取引口座への資金振り替えや国内株式などの売買注文などの一連の取り引きをソニーバンクのサービスサイト(MoneyKit)を通じて行うことができた。2013年1月12日、マネックス証券に吸収合併された[1][2]

沿革編集

  • 2007年6月:ソニーバンク証券株式会社を設立・登記
  • 2007年10月:証券取引口座開設受け付け開始
  • 2007年10月:現物取引の取り扱い開始
  • 2008年1月:ETF、REITの取り扱い開始
  • 2008年10月:ソニー銀行との資金スイープサービス開始
  • 2009年7月:本店移転
  • 2009年8月:信用取引の取り扱い開始
  • 2009年12月:CFD取引の取り扱い開始
  • 2010年6月:増資の実施(20億円)
  • 2012年8月:ソニー銀行がソニーバンク証券の全株式をマネックスグループに譲渡
  • 2013年1月:マネックス証券に吸収合併され解散

取扱商品編集

  • 株式(現物取引・信用取引)
  • ETF・REIT
  • CFD

脚注編集

  1. ^ 子会社の合併に関するお知らせ - マネックスグループ株式会社
  2. ^ ソニーバンク証券とマネックス証券の合併について - マネックス証券株式会社

関連項目編集