メインメニューを開く

ソーマデーヴァは、11世紀のカシミール出身の詩人。

バラモンの家系に生まれ、カシミール王のアナンタ(Ananta)と息子のカラシャ(Kalaśa)に仕えた。カラシャ王の母であるスーリヤマティー(Sūryamatī)の無聊を慰めるために、大説話集『ブリハット・カター』を簡略化した『カター・サリット・サーガラ英語版』を著した。特に『カター・サリット・サーガラ』に収録された『ヴェーターラ・パンチャヴィンシャティカー(屍鬼二十五話)』にはサンスクリット語の詩的技巧が発揮されており、高く評価されている。

目次

日本語訳編集

出典・研究編集

脚注編集

  1. ^ 復刊1989年・2004年
  2. ^ 訳は戦前になされた、この版は改訂復刻版

関連項目編集

外部リンク編集