ソールランノルウェー語: Sørlandet)は、ノルウェー南部のスカゲラク海峡沿岸を指す地方区分。かつてはヴェスト・アグデル県アウスト・アグデル県の二県を含めていたが、2020年1月1日に両県が合併しアグデル県となった[4]。そのため現在ではアグデル県と同一視される。総面積は1万6493平方キロメートル[5]

ソールラン

Sørlandet
リソル市街
リソル市街
Sorlandet in Norway (plus).svg
北緯58度36分 東経7度48分 / 北緯58.6度 東経7.8度 / 58.6; 7.8座標: 北緯58度36分 東経7度48分 / 北緯58.6度 東経7.8度 / 58.6; 7.8
 ノルウェー
Agder våpen.svg アグデル県
中心都市 クリスチャンサン
アーレンダール
面積
 • 合計 16,434km2
人口
(2021年)
 • 合計 308,843人
  [1]
人口推移
人口±%
1951172,753—    
1960185,302+7.3%
1970215,874+16.5%
1980225,429+4.4%
1990240,906+6.9%
2000257,869+7.0%
2010279,024+8.2%
出典: ノルウェー統計局 [1][2].
ソールランの宗教[2][3]
宗教 割合
キリスト教
  
86.41%
イスラーム
  
1.08%
仏教
  
0.30%
その他
  
12.21%

概念編集

国土のこの部分をひとつの地方とする考え方は、1902年に郷土史家のヴィルヘルム・クラーグによって提唱された。これ以前は、ヴェストラン(西部)の一部とみなされていた。ソールランは、古代のアグデル王国の版図に相当する。アグデル大学の名はこれに由来する。ローガラン県テレマルク県の一部をソールランに加えることもある。

一般的・文化的には、スカゲラク海峡に臨む沿岸部ととらえられているため、内陸部の山あいは含まれない。

中世、アグデル地方の東端は Rygjarbit(現在のリソル付近)であった[6]

沿岸部編集

二県は人口の8割が、温暖で豊かな漁場にアクセスしやすく、交通の便もよい沿岸部に集中している。以下に沿岸部の主な町を、西から東へ挙げる。

内陸部編集

内陸部では、林業や農業、観光業が基幹産業である。オーセラルのボルテリードや、セテスダール渓谷のホフデンのような人気のスキーリゾート地もある。

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ Norway/Counties and Municipalities”. Citypopulation.de (2021年2月27日). 2021年4月4日閲覧。
  2. ^ Statistics Norway - Church of Norway. Archived 2012年7月16日, at Archive.is
  3. ^ Statistics Norway - Members of religious and life stance communities outside the Church of Norway, by religion/life stance. County. 2006-2010
  4. ^ Nye fylker”. ノルウェー政府 (2019年12月19日). 2021年4月3日閲覧。
  5. ^ Store norske leksikon. “Sørlandet – landsdel” (Norwegian). 2010年4月15日閲覧。
  6. ^ http://snl.no/Rygjarbit