ゾグマン・メブク

ゾグマン・メブク: Zoghman Mebkhout)は、フランス数学者パリ第7大学ジュシュー (Jussieu) 数学研究所の教授。

自称、アレクサンドル・グロタンディークの後継者。リーマン・ヒルベルト問題(Riemann-Hilbert problem, ヒルベルトの第21問題)の解決に関する柏原正樹との優先権争いや、D-加群に関する一方的な情報をグロタンディークに与えて大変な誤解を招いたことといった数学の研究自体とは別の経歴で有名な人物である。しかし、数学者として、前述のリーマン・ヒルベルト問題の解決やp進微分方程式に関する業績がある。

主な著作編集

  • Le formalisme des six operations de Grothendieck pour les Dx-modules coherents, Travaux en cours (1989)
  • Sur le theoreme de l'indice desequations diffetielles p-adiques I, Ann. Inst. Fourier (1993)
  • Sur le theoreme de l'indice desequations differentielles p-adiques. II, Ann. of Math. (1997)
  • Sur le theoreme de l'indice desequations diffetielles p-adiques III, Ann. of Math. (2000)
  • Sur le theoreme de l'indice desequations differentielles p-adiques IV, Invent. Math. (2001)
  • Analogue p-adique du theoreme de Turrittin et le theoreme de la monodromie p-adique, Invent. Math. (2002)

外部リンク編集