タイ王国では、協定世界時を7時間進めたインドシナ時間UTC+7)を使用している。夏時間はない。1920年にインドシナ時間を採用するまで使用されていた、バンコク地方平均時はGMT+6:42:04であった[1]

歴史編集

現在の標準時が使用される以前は、天文台の地理的位置に基づいた地方平時を採用していた。チエンマイ県とその他2つの県ではそれぞれ天文台を持っていたため、別個の地方平時が存在していた。

1920年4月1日に、東経105度線を基準としたグリニッジ標準時を7時間進めた標準時が採用された。これは現在も使用されている。

使用期間 協定世界時との差 時間帯の名称 (非公式)
1880年1月1日 - 1920年3月31日 UTC+6:42:04 バンコク平均時
1920年4月1日 – 現在 UTC+7 インドシナ時間 (ICT)

標準時の管理編集

1990年1月1日に、タイ王国の内閣は標準時の公式な管理者をタイ王国海軍とした。タイ王国の標準時は、タイ王国海軍により維持されている5つの原子時計から生成されている。

IANAのTime Zone Database編集

IANATime Zone Databaseには、タイ王国の標準時が1つ含まれている[2][3]

国コード 座標 時間帯ID 注釈 協定世界時との差 夏時間 備考
TH +1345+10031 Asia/Bangkok インドシナ(ほとんどの地域) +07:00 +07:00

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]