ダイナソー (アトラクション)

ダイナソー (Dinosaur) は恐竜をモチーフにし、オーディオアニマトロニクスを駆使した、ディズニー・アニマル・キングダムウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート)にある室内ライド型アトラクションである。ディズニー・アニマル・キングダムディノランドUSAエリアに位置するアトラクション。

概要編集

ダイナソー
Dinosaur
 
オープン日 1998年4月22日(ディズニー・アニマル・キングダムと同時にオープン)
スポンサー なし
利用制限   102cm以上
ファストパス  
シングルライダー   対象外
 
キューラインのカルノタウルスの化石
 
ジープ型のタイムローバー

ディズニー・アニマル・キングダムのディノランドUSAエリアに位置するアトラクション。

類似アトラクションにディズニーランドディズニーシーにあるインディ・ジョーンズ・アドベンチャーがある。キューラインは恐竜の博物館兼研究所を模したものとなっており、巨大なカルノタウルスの全身骨格の化石のレプリカや古代生物の化石が見られる。

開園からしばらくは「絶滅へのカウントダウン」(Countdown to Extinction) として営業していたが、2000年に映画「ダイナソー」のプロモーションのために現在の名前に改められた[1]。なお、オープン当時、アトラクションの前にはスティラコサウルスの模型が飾られていたが、上述の改名時に、イグアノドンの模型に置き換えられた[2]。 イマジニアのジョー・ロードによると、アトラクションに登場する肉食恐竜のカルノタウルスは機械のすべてを入れなければいけなかったため、実際のサイズよりも大きく作られている[2]

ストーリー編集

恐竜研究所に向かったゲストはジープ型タイムマシン「タイムローバー」に乗って、「アラダー」と名付けられたイグアノドンを救出するミッションを依頼される。6500万年前のジャングルでスティラコサウルス等の恐竜に遭遇するも、隕石が衝突するまでの時間は限られている。ゲストはカルノタウルスや翼竜の襲撃を潜り抜け、救出ミッションを達成しなければならない[3]

主な登場恐竜編集

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集