ダイヤ・インフェルノ

ダイヤ・インフェルノはレスラー。

正体については、海外武者修行中の吉岡勇紀と言う噂がある。

来歴 編集

2020年10月7日の東京・後楽園ホール大会の吉田隆司VSドラゴン・ダイヤの試合中に乱入し、試合後にダイヤのマスクを剥がすと言う暴挙を行い、そのままR.E.Dの新メンバーとなった[1]

11月15日の神戸ワールド記念ホール大会で、因縁のドラゴン・ダイヤとシングルを戦うもまたしても、ダイヤのマスクを剥がし、不透明決着となった。

2021年3月6日の大阪府立体育会館第二競技場大会で初のオープン・ザ・トライアングルゲートに挑戦するも、敗れる。

得意技編集

タイトル歴編集

外部リンク編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 【DRAGONGATE】R・E・Dの新メンバー、ダイヤ・インフェルノが電撃乱入 ダイヤ襲撃でマスク剥ぎの暴挙 (プロレス/格闘技DX)”. LINE NEWS. 2021年6月26日閲覧。