メインメニューを開く

ダコミチニブPF-00299804 )は、非小細胞肺癌(non-small cell lung cancer; NSCLC)の治療薬。ファイザー社がビジンプロとして、製造販売する。EGFR(HER 1)およびHER 2, HER 4の選択的かつ不可逆的な阻害剤である[1]

ダコミチニブ
Dacomitinib.svg
臨床データ
販売名 ビジンプロ
法的規制
  • JP: 劇薬、処方箋医薬品
投与方法 経口投与
薬物動態データ
生物学的利用能 80%
血漿タンパク結合 98%
代謝 肝臓(主にCYP2D6
半減期 61~98 時間
排泄 糞中 79%、尿中3%
テンプレートを表示
Dacomitinib
Dacomitinib.svg
Names
IUPAC name
(2E)-N-{4-[(3-Chloro-4-fluorophenyl)amino]-7-methoxy-6-quinazolinyl}-4-(1-piperidinyl)-2-butenamide
Other names
PF-00299804
Identifiers
3D model (JSmol)
ChEBI
ChEMBL
ChemSpider
KEGG
PubChem <abbr title="<nowiki>Compound ID</nowiki>">CID
UNII
Properties
C24H25ClFN5O2
Molar mass 469.95 g·mol−1
Pharmacology
L01XE47 (WHO)
Except where otherwise noted, data are given for materials in their standard state (at 25 °C [77 °F], 100 kPa).
Infobox references

ダコミチニブはいくつかの第III相臨床試験を終えた。最初の試験の2014年1月の結果は期待外れであり、試験の目的を達成できなかった[2][3] [4] 追加の第III相試験が行われた[2]

2017年に、NSCLC(突然変異EGFRによる)についてダコミチニブとゲフィチニブを比較した試験結果が発表された[5]

2018年8月、ファイザーは、米国FDAおよび欧州医薬品庁に医薬品申請を提出した[6]

2019年1月、日本でも「EGFR遺伝子変異陽性の手術不能又は再発非小細胞肺癌」について製造販売を承認された[7]

効能・効果編集

EGFR遺伝子変異陽性の手術不能又は再発非小細胞肺癌

脚注編集

外部リンク編集