ダッグ・アウト (シェルター)

ダッグ・アウト(英語:Dugout, Dug-out)は、人や家畜のための避難所(シェルター)で、くぼみや地面に掘った穴に基づくものである。ダッグ・アウトは、地面を掘って平らな屋根で覆ったもの、山腹を掘ったものがある。半凹型にすることもできる。これらの構造物は、考古学者に知られている最も古いタイプの人の住居の1つであり、この手法は現代の「アースシェルター(英語版)」技術に進化した。

ダッグ・アウトは、特定の活動を補助するために建設された一時的なシェルターでもある。例えば戦争中のシェルター、狩猟中のシェルターなど。

東アジア編集

中国編集

中国北部、特に黄土高原では、丘の中腹に掘られた窰洞と呼ばれる洞窟が古くから伝統的な住居であった。窰洞は湿気が溜まりやすいものの、冬は暖房がほとんど必要なく、夏は冷房が不要であるという利点がある。1964年の時点では約1千万人の人々が窰洞を住居として利用していた。[1]

日本編集

日本の竪穴建物後期旧石器時代から造られ始めたと考えられており、縄文時代には盛んに造られるようになり、弥生時代以降にも引き継がれた。

 
竪穴式住居(復元、吉野ヶ里遺跡

中東編集

イスラエル編集

トルコ(カッパドキア)編集

オセアニア編集

オーストラリア編集

 
クイーンズランド州カナマラにあるオーストラリア先住民のダッグ・アウト(1910年頃)

アフリカ編集

チュニジア編集

ヨーロッパ編集

クリミア編集

アイスランド編集

イタリア編集

1993年に世界遺産に登録されたマテーラの洞窟住居が有名である。

オランダ編集

ポーランド(マゾビア)編集

スコットランド編集

セルビア編集

スペイン編集

第一次世界大戦編集

第二次世界大戦(ゼムリャンカ)編集

北米編集

ブリティッシュコロンビア州とアメリカ北西部編集

カナディアン・プレーリーズ編集

アメリカ南西部編集

ソッド・ハウス編集

ブルデイ編集

 
カンザス州グナデナウ村にあるメノナイトのブルデイ(フランクレスリーのイラスト付き新聞1875年3月20日)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ルドフスキー 1983, pp. 44–45.

参考文献編集

バーナード・ルドフスキー 著、渡辺武信 訳 『建築家なしの建築』鹿島出版会〈SD選書〉、1983年。ISBN 4306051846 

関連項目編集