ダニエル・マイテンス(Daniël Mijtens, 1590年頃 – 1647年1648年)は、オランダ画家。主にイングランド肖像画家として活躍した。同名の息子も画家のため、ダニエル・マイテンス(父)、ダニエル・マイテンス1世と表記されることもある。

ダニエル・マイテンス
Daniël Mijtens
アンソニー・ヴァン・ダイクによる肖像画からPaulus Pontiusによって製作された版画
誕生日 1590年頃
出生地 デルフト
死没年 1647年か1648年
死没地 デン・ハーグ
テンプレートを表示

生涯 編集

ダニエル・マイテンスはデルフトの芸術家の家系に生まれ、デン・ハーグで教育を受けた。ミヒール・ファン・ミーレフェルトの工房で学んだのではないかと考えられている。彼は画家、アールト・マイテンスの甥で、[1]弟のイサーク・マイテンスも画家であり、息子ダニエルも画家となっている。[2]マイテンスのオランダ時代の作品は残っていない。[3] 1618年までにはロンドンに移り、収集家であった第21代アランデル伯トマス・ハワードの後ろ盾を得る。マイテンスはハワード卿とその夫人の肖像画を描き、続いてジェームズ1世とその息子プリンス・オブ・ウェールズの肖像画も描いた。マイテンスはジェームズ1世のための画家となった。

プリンス・オブ・ウェールズがチャールズ1世となった1625年、マイテンスは王とその廷臣たちの等身大の肖像画を多く手がけた。その中には複製も含まれており、マイテンスが工房を持って助手を使っていたことが窺える。マイテンスの最も優れた2枚の作品は両方ともジェームズ・ハミルトン公を描いたもので、1623年、公爵が17歳の時と6年後の1629年に描かれたものである。1626年と1630年にはオランダを訪れ、ルーベンスアンソニー・ヴァン・ダイクの作品から学んだようである。

マイテンスはイングランドの肖像画に自然主義をもたらしたが、しかし1632年にアンソニー・ヴァン・ダイクがイングランドに来ると、首席宮廷画家の座を追われてしまう。1634年頃にはオランダに戻ったようである。オランダに戻ってからの作品は4枚が現存している。

英国王室はマイテンスの作品を所有している。彼はまたスコットランドジェームズ4世王やマーガレット・テューダー王妃、メアリー女王といった昔の王族たちの肖像画の複製も制作している。

ギャラリー 編集

脚注 編集

  1. ^ Aert Mijtens in the w:RKD
  2. ^ Daniel Mijtens in the RKD
  3. ^ Murray, P. & L. (1996). Dictionary of art and artists (p. 364). London: Penguin Books. ISBN 0-14-051300-0.

 外部リンク  編集