ダミン語(Damin、ラーディル語の実用的な正書法でDemiin)は、オーストラリア北部の先住民、ラーディル語英語版話者のラーディル英語版(実際の正書法でLeerdil)とヤンカール語英語版話者のヤンカール英語版加入儀礼を経験した男性が使用する儀式用言語レジスタだった。どちらもカーペンタリア湾にある島々、ウェズリー諸島の最大の島であるモーニントン島英語版にラーディル、フォーサイス諸島にヤンカールが居住している。彼らの言語は同じ語族タンキック語族英語版に属する。ラーディル語はタンギック語の中で最も多様だが、他の言語はヤンカール語と相互理解しやすい。

Damin
Demiin
発音 IPA: [t̺əmiːn]
創案者 ラーディル
設定と使用 モーニントン島ラーディルのうち、成人男性が使う言語
消滅時期 1970年代?
目的による分類
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 なし
Glottolog なし
Linguasphere 29-TAA-bb
 
テンプレートを表示

ラーディル語のDemiin(デミイン)という語は黙っいると翻訳できる。

儀式編集

ラーディルは、男性のための2つの加入儀礼があった。すなわち、割礼を含むluruku尿道割礼を含むwaramaである。女性はこれらの儀式、特にルルクの儀式で重要な役割を果たしたが、女性のための儀式はなかった。

ダミンは秘密の言語であると言われることもあるが、これは誤解を招く恐れがある。なぜなら、ラーディルの未成年者がダミン語を盗み聞きするのを防ごうとしなかったからである。しかし、ダミン語はワラマ儀式の際に教えられていたため、未成年者には縁が遠かった。尿道割礼を受けていないにもかかわらず、ダミン語に堪能な年長者が少なくとも1人知られていたが、これは特殊な例だったようである。

ダミン語の語彙は、意味論的な分野に編成され、1回のセッションで成年に叫んだ。それぞれの語が発表されると、もう1人の話し手がラーディル語で相当する語を与えた。しかし、初心者が基礎に熟達し、コミュニティでダミン語をオープンに使えるようになるまでには、通常何回かのセッションが必要だった。ある話者は、1回のセッションでダミン語を話せるようになったと主張したが、一方で、ワラマを取り仕切る2人の年長の男性は、彼らにはレジスタに対する確固たる指揮力が欠けていたことを認めた。

ダミン語を学んだ話者はDemiinkurlda(「ダミン語の所有者」)と呼ばれた。彼らは、特に儀式的な文脈の中でこの言語を話したが、日常の世俗的な生活の中でも、食糧探しをしたり、うわさ話をしたりするときなどに使っていた。

言語機能編集

ダミン語はアフリカ以外で唯一のクリック言語である。

ダミン語の一般的な語彙は、日常で使う言語よりもはるかに限られていた。約150の語彙的語根しか持たないダミン語の各語は、ラーディル語やヤンカール語のいくつかの語に相当している。たとえば、代名詞の数はラーディル語の19個と比較して、2つ(n!a"me"(自分)およびn!u"notme"(他者))のみであったり、反意語の接頭辞kuri-jijuu「小さい」、kurijijuu「大きい」)があったりした。

文法的には、ラーディルとヤンカールのダミン語レジスタは、その形態論での、条件付き音韻交替(phonologically conditioned alternation)を採用していないが、これらの言語のすべての文法的形態を使用しているため、広く類似している。

音韻編集

ダミン語の語には、ラーディル語英語版の4組の母音のうち3組の母音[a, aː, i, iː, u, uː]がある。4組目の[ə, əː]は、文法的接尾辞で使用される。母音の長さは対照的ではなく、前の子音に依存する。ダミン語は日常的なラーディル語の(肺気流の)子音の一部しか使わないが、それらは他の4つの気流機構舌吸気音(吸着鼻音)、glottalic呼気音(軟口蓋放出音)、肺吸気音(吸気側面摩擦音)を、及び声門呼気音(両唇の「噴出(spurt)」)により増強される。摩擦音、無声鼻音、両唇ふるえ音といった一部の肺気流の呼気音の子音でさえ、オーストラリアの言語の中では異国的である。ダミン語の子音は、実際の正書法およびIPA表記では、次のとおりである[1]

ダミン語の語彙的子音
両唇 歯=歯茎音英語版 歯茎 後部歯茎 軟口蓋
舌端 舌尖 舌尖 舌端
破裂音 無声 b[p] th[t̻] d[t̺] § j[t̠ʲ] j2[t̠ʲ\t̠ʲ, ɕ] k[k]
放出 k'[kʼ]
鼻音 有声 § § n[n̺]
(コーダのみ)
§ ny[n̠ʲ]fny、p'ny ng[ŋ]
無声 ng*[ŋ̊]
はじき音 rr[ɾ]
ふるえ音 pr2[ʙ\ʙ]
pr2yのみ?[注 1]
接近音 中線 § y[j] w[w]
側面 §
吸着音 鼻音 m![ʘ̃] nh!2[ʇ̃\ʇ̃] n![ʗ̃] n!2[ʗ̃\ʗ̃] rn![ʗ̃˞ ](確実ではない)
呼気 p'[pʼ, ʘ↑]p'ny、p'ng
摩擦音 無声 f[ɸ]
無声吸気 l*[ɬ↓ʔ]
破擦音 pf[ᵖɸ]

§これらの音は標準的なラーディル語にあるが、文法的語と接尾辞を除き、ダミン語にはない。

L*は、「呼気音的な声門の開放を伴う吸気音」と説明されている。

吸着音を除いて、ダミン語には歯茎音とそり舌音の区別がない。(この区別は、ほとんどのオーストラリアの言語と同様、ラーディル語の語頭では中和している。)しかし、ヘイルは、ダミン語の歯茎音とそり舌音の吸着音(それぞれ代名詞n!aa、n!uuおよびrn!aa、rn!iiに見られる)は相補分布にしている可能性があり、それらが別個の音であるかどうかは明らかではないと指摘する。

上記の子音の一部は、子音連続でのみ発生する。/n̺/は末尾子音としてのみ発生する。派生ルールは、すべての頭子音の鼻音をクリック音として発音することである。単純な意味での軟口蓋吸着音英語版は不可能なため、/ŋ/は吸着音ではない可能性がある。

音韻論編集

語頭で起こるダミン語の子音連続はp'ny [ʘ↑n̠ʲ]p'ng [ʘ↑ŋ]fny [ɸn̠ʲ]fng [ɸŋ]fy [ɸj]prpry [ʙ\ʙj]thrr [t̻ɾ]である。通常のラーディル語の語は子音連続で始まらない場合がある。ただし、ラーディル語には語中にいくつかの子音連続があり、これらの多くはダミン語の語には見られず、ダミン語は音節の末尾子音でn[n̺]rr[ɾ]のみを許す。(ダミン語の語幹内で証明されている子音連続は、rrd、rrth、rrk、rrb、jb (Hale & Nash 1997: 255)であるが、jbのjはこの位置では許されないと考えられる。鼻音–破裂音などの他の子音連続は、ラーディル語の文法的接尾辞によって生成される。)

Hale & Nashは、ダミン語の音節(末尾子音をカウントしない)はCVVかCCVだけであると仮定している。想定されるCV音節はC=[kʼ][ŋ̊][ɬ↓ʔ]に限定されていることから、これらは基本的に反復子音であることが示唆される。ヘイルは、それらがk2、ng2、l2/kk, ŋŋ, ll/(どちらかというと[ɕ]j2/t̠ʲt̠ʲ/の実現形である)であるかもしれず、thrr[t̻ɾ]d2/t̺t̺/かもしれないと示唆している。(母音の長さの表記に一貫性がなく、上記の語彙はこれらのパターンに従っていないことに注意。)

3つの母音の前で子音は生じない[注 2]。既知のシーケンスは次のとおりである。しかし、ダミン語ではたった150個の語根しかなく、一つの語根だけからいくつかの子音と子音連続が証明されているので、このリストには偶然の欠落があるに違いないことに注意。

[u]の前にのみ付く p'ng [ʘ↑ŋ], p'ny [ʘ↑n̠ʲ], pr2y [ʙ\ʙj], fng [ɸŋ], fy [ɸj],

thrr [t̻ɾ], j2 [t̠ʲt̠ʲ], k' [kʼ], nh!2 [ʇ̃\ʇ̃]

[i]の前にのみ付く fny [ɸn̠ʲ], l* [ɬ↓ʔ], ng* [ŋ̊]
[iː]の前にのみ付く d [t̺], rr [ɾ], y [j], m! [ʘ̃]
[i(ː)]の前にのみ付く

(子音がCかCCかはっきりしない)

f [ɸ], pf [ᵖɸ]
[a, u]の前に付く n!2 [ʗ̃\ʗ̃]
[aː, uː]の前に付く k [k], ng [ŋ], n! [ʗ̃]
[iː, uː]の前に付く b [p], th [t̻], j [t̠ʲ], w [w]
[aː, iː]の前に付く rn! [ʗ̃˞ ]

ラーディル語とは逆の状況で、/a/は、/i//u/よりもはるかに少ない。

サンプルと語彙編集

ダミン語は、普通のラーディル語の語彙的語根をダミン語の語に置き換えることで話されている。文法的な異形態の平準化を除けば、文法は同じままである。例えば、

一般的なラーディル語 ngithun dunji-kan ngawa waang-kur werneng-kiyath-ur.
グロス 俺の 妻の.若い.兄弟-GEN[注 3] 行く-FUT 食料-GO-FUT
翻訳 私の義弟の犬は狩りに行っている。
ダミン語 n!aa n!2a-kan nh!2u tiitith-ur m!ii-ngkiyath-ur.

いくつかの語彙:[2]

n!aa「自分」、n!uu「他者」
kaa「」、kaawi「今ではない」
l*i(i)「硬骨魚」、thii「板鰓類の魚」
ngaajpu「人間」、wuujpu「動物」、wiijpu「木」(木本植物を含む)、kuujpu「石」
m!ii「野菜料理」、wii「肉/食べ物」[注 4]n!2u「液体」、thuu「海の哺乳類」、thuuwu「陸の哺乳類」
didi「害(有害な影響)」、diidi「行為」、kuudi「見る」、kuuku「聞く、感じる」、yiidi「(空間に)いる、ある」、wiiwi「燃やす」、wiidi「槍」、ngaa「死ぬ、腐る」、fyuu「落ちる;方位」
n!aathuuku「体のポイント」、wii「体の表面」、nguu「頭」、k'uu「目」、nguuwii「手、足」
thuuku「一つ、別の;場所」、kurrijpi「2;ここへ、近い;短い」

kurri-による対義語の派生:

j2iwu「小さい」、kurrij2iwu「大きい」
thuuku「一つ」、kurrithuuku「たくさん」
kurrijpi「短い」、kurrikurrijpi「長い」
kawukawu「軽い」、kurrikawukawu「重い」

特定の参照には言い換えが必要である。たとえば、シギは虹蛇の物語のキャラクターとしての役割に関連して「人を燃やす生き物」(ngaajpu wiiwi-n wuujpu 人 燃やす-NOM 動物)と呼ばれ、木製の斧は「蜂蜜に(否定的な)影響を与える木」(m!iwu didi-i-n wiijpu 蜂蜜 影響する-pass-nom 木材)と呼ばれている。

上記の単語リストのパターンで示唆されているように、内部形態論または複合のいくつかの提案がある。たとえば、m!iwu「(ネイティブ)蜂の巣、蜂蜜」とwum!i「sp. アミメノコギリガザミ」は、m!ii「食べ物」とwuu「mud shell clam」に由来する[要説明]

ダミン語の起源編集

ダミン語の起源は不明である。ラーディルとヤンカールはダミン語はドリームタイム英語版の神話上の人物によって創造されたと言う。ヘイルと同僚らは、ラーディルの長老たちによって発明されたと信じている。ダミン語にはmnなどの閉鎖鼻音を吸着鼻音英語版に変えたり、子音を2倍にしたりするなど、世界中の言語ゲーム英語版に見られるいくつかの特徴がある。エヴァンズと同僚らは、両部族の神話を研究した後、ダミン語を発明してラーディルに伝えたのはヤンカールの長老たちだと推測している。

現在の状況編集

ラーディルとヤンカールの文化的伝統は数十年にわたって衰退しており、ラーディルとヤンカールの言語はほぼ絶滅している。1950年代に最後のワラマが開催されたため、最近ではダミン語はヤンカールとラーディルのいずれかも使用しなくなった。しかし、最近では文化的伝統の復活が始まり、ルルクが祝われた。ワラマも再開されるかどうかはまだ不明である。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ おそらく単一のpr [ʙ]、またはpr [ʙ]によって異なる。
  2. ^ ただし、そり舌吸着音が歯茎吸着音の異音の場合を除く。
  3. ^ スモールキャップスによる略語の説明については、 List of glossing abbreviationsを参照。
  4. ^ より一般的には、無定形の食物;観念的には食物でもある。

出典編集

  1. ^ Kenneth Hale and David Nash, 1997. Lardil and Damin Phonotactics, pp.247-259 in Boundary Rider: Essays in honour of Geoffrey O'Grady, ed. by Darrell Tryon & Michael Walsh. Pacific Linguistics C-136. The IPA is not clear. For example, jj is described as alternatively a voiced fricative, but transcribed as a voiceless fricative [ʆ], an obsolete variant of [ɕ]. Other transcriptions are apparently wrong, such as transcribing supposedly apical rn! as laminal [ⁿǂ]. p' has dual transcriptions [pʼ, ʘ↑], suggesting it might be pronounced as either an ejective or a spurt, though this is not mentioned in the text. IPAは明確ではない。例えば、jjは有声摩擦音と記述されているが、無声摩擦音[ʆ]として転写される。他の転写は明らかに間違っており、たとえば舌尖音rn!を舌端音[ⁿǂ]として転写しているらしい。p'[pʼ, ʘ↑]の二通りに転写されており、本文では言及されていないが、放出音または噴出(spurt)のいずれかで発音されることを示唆している。
  2. ^ Hale & Nash 1997: 248–249

参考文献編集

  • R. M. W. Dixon, The Languages of Australia (1980)
  • D. McKnight, People, Countries and the Rainbow Serpent (1999)
  • K. Hale Deep-Surface Canonical Disparities in Relation to Analysis and Change (1973)
  • K. Hale and D. Nash, "Damin and Lardil Phonotactics". In Tryon & Walsh, eds, Boundary rider: essays in honour of Geoffrey O'Grady (1997)
  • P. Memmott, N. Evans and R. Robinsi Understanding Isolation and Change in Island Human Population though a study of Indigenous Cultural Patterns in the Gulf of Carpentaria

外部リンク編集