メインメニューを開く

ダニエル(ダン)・ジェイコブソンDaniel "Dan" Jacobson, 1929年3月7日 - 2014年6月12日[1])は南アフリカ共和国ヨハネスブルグ出身の作家ジャーナリズム小説エッセイ)。

教師ジャーナリストキブツ生活の後、195年からイギリスに住み、作家活動に専念している。

1959年 Rhys Memorial Prize、1964年サマセット・モーム賞en:Somerset Maugham Award)を受賞。


著作編集

  • The Trap (1955)
  • A Dance in the Sun (1956)
  • The Price of Diamonds (1958)
  • The Zulu and the Zeide (1959)
  • The Evidence of Love (1960)
  • No Further West (1961)
  • Time of Arrival (1963) (essays)
     1964年サマセット・モーム賞 (Somerset) Maugham Award を受賞
  • Beggar My Neighbor (1964) (short stories)
  • The Beginners (1966)
  • Through the Wilderness and Other Stories (1968)
  • The Rape of Tamar (1970)
  • Inklings (1973) (short stories)
  • The Wonder-Worker (1973)
  • The Confessions of Josef Baisz (1979)
  • The Story of the Stories: The Chosen People and Its God (1982) (nonfiction)
  • Time and Time Again: Autobiographies (1985)
     J. R. Ackerley Prize for Autobiography 受賞
  • Her Story (1987)
  • Adult Pleasures: Essays on Writers and Readers (1989)
  • Hidden in the Heart (1991)
  • The God-Fearer (1992)
  • The Electronic Elephant (1994)
  • Heshel's Kingdom (1998)
  • All For Love (2005)

脚注編集

  1. ^ John Sutherlandland. “Dan Jacobson obituary”. The Guardian. 2015年2月10日閲覧。

外部リンク編集