この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はペレス第二姓(母方の)はバジェスタです。

ダーリー・ペレスDarleys Gregorio Pérez Ballesta、男性、1983年9月14日 - )は、コロンビアプロボクサーサン・ペドロ・デ・ウラバー出身。元WBA世界ライト級王者。ゲイリー・ショー・プロダクション所属。

ダーリー・ペレス
基本情報
本名 ダーリー・グレゴリオ・ペレス・バジェスタ
階級 ライト級
身長 170cm
リーチ 174cm
国籍  コロンビア
誕生日 (1983-09-14) 1983年9月14日(36歳)
出身地 サン・ペドロ・デ・ウラバー
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 35
勝ち 32
KO勝ち 20
敗け 2
引き分け 1
テンプレートを表示

来歴編集

2009年2月14日、コロンビアでプロデビューを果たし2回2分17秒KO勝ちで白星でデビューを果たした。

2010年10月30日、アーネスト・バスケス・バティオジャとWBOラテンアメリカライト級暫定王座決定戦を行い、初回2分38秒TKO勝ちで王座獲得に成功した。

2011年9月30日、アメリカのカリフォルニア州でオスカー・メサと対戦し6回終了時棄権で勝利を収めた。

2012年8月10日、アメリカのカリフォルニア州でバホディール・ママディジョノブと対戦し、2-1(96-93、95-94、94-95)の判定勝ちを収めた。

2013年6月8日、カナダモントリオールベル・センターWBA世界ライト級暫定王座決定戦をユリオルキス・ガンボアと行い、プロ初黒星となる12回0-3(2者が111-116、112-115)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した[1]

2014年6月28日、ドミニカ共和国サントドミンゴシェラトンで、ガンボアのWBO世界ライト級王者テレンス・クロフォードへの挑戦に伴い空位となったWBA世界ライト級暫定王座決定戦としてWBA世界ライト級4位のアルヘニス・ロペスと対戦し、12回3-0(2者が117.5-111、116.5-112)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[2]

2014年7月30日、WBAは最新ランキングを発表し、ペレスをWBA世界ライト級暫定王者としてWBA世界ライト級1位にランクインした[3]

2014年10月24日、コロンビアのバランキーヤで、WBA世界ライト級10位のハイデル・パーラと対戦し、右ボディアッパーで悶絶KOを奪い6回1分29秒TKO勝ちを収め初防衛に成功した[4]

2015年1月9日、カリフォルニア州サンタ・イネスのチュマシュ・カジノでWBA世界ライト級7位のジョナサン・マイセロと対戦し、12回3-0(118-109、118-108、120-107)の判定勝ちを収め2度目の防衛に成功した[5]

2015年2月10日、WBAは最新ランキングを発表し、上述のマイセロ戦に勝利したペレスを評価し、WBAの2015年1月度の月間MVPに選出した[6]

2015年4月10日、正規王者のリカルド・アブリル休養王座認定に伴いペレスがWBA世界ライト級正規王座に認定された[7][8]

2015年7月1日、WBC世界ライト級王者ホルヘ・リナレスがWBA本部を訪れ、WBA世界ライト級王者ダーリー・ペレスとの王座統一戦に意欲を見せた[9][10]

2015年7月18日、マンチェスターマンチェスター・アリーナでWBA世界ライト級11位のアンソニー・クローラと対戦し、ペレス劣勢の展開の中で11回にローブローによる減点を科され、12回にもローブローによる減点を科されペレス劣勢のまま勝敗を判定に委ねる展開になったと思われたが、12回1-1(111-116、114-113、113-113)の3者3様の引分になり3度目の防衛に成功したものの、会場を騒然とさせるスコア発表(逆ホーム判定)となったことでWBAはこの試合のスコアカードの再点検を要請した[11][12]

2015年7月31日、WBAは上述のクローラ戦でペレスがローブローにより科された減点が2点あったことを含め、試合の勝敗を委ねられた判定がWBAがスコアカードの再点検を要請するほど物議醸す引分だった為、WBA世界ライト級王者ダーリー・ペレスとWBA世界ライト級11位のアンソニー・クローラに対し、再戦するよう指令を出した[13]

2015年11月21日、上述の再戦指令に基づきマンチェスターマンチェスター・アリーナでWBA世界ライト級9位のアンソニー・クローラと対戦し、5回2分30秒KO負けを喫し4度目の防衛に失敗、王座から陥落した[14][15]

2015年12月10日、WBAは最新ランキングを発表し、上述のクローラ戦に敗れ王座から陥落したペレスをWBA世界ライト級6位にランクインした[16][17]

2016年11月19日、T-モバイル・アリーナで行われたアンドレ・ウォードVSセルゲイ・コバレフの前座でモーリス・フッカーと対戦して引き分けた[18][19]

獲得タイトル編集

脚注編集

  1. ^ ガンボア、ペレスに3-0判定 ライト級暫定獲得 ボクシングニュース「Box-on!」2013年6月9日
  2. ^ ペレスが敵地でWBAライト級暫定王座獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年6月30日
  3. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2014年7月30日
  4. ^ ペレス暫定王座守る、パーラまたボディで撃沈 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年10月25日
  5. ^ ペレス、マイセロに快勝 WBAライト級暫定戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年1月10日
  6. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2015年2月10日
  7. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2015年4月10日
  8. ^ ブルックがギャビンと防衛戦、アブリルは休養王者に Boxing News(ボクシングニュース) 2015年4月11日
  9. ^ Jorge Linares Wants to Unify Titles WBA公式サイト 2015年7月1日
  10. ^ リナレスがWBA本部訪問、統一戦に意欲 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年7月2日
  11. ^ WBA Orders Review of Perez-Crolla Scoring WBA公式サイト 2015年7月19日
  12. ^ クイッグ速攻でV6、ペレスは物議醸すドロー防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年7月19日
  13. ^ WBA Orders Perez-Crolla Rematch WBA公式サイト 2015年7月31日
  14. ^ Crolla KOs Perez, Wins WBA Title WBA公式サイト 2015年11月21日
  15. ^ クローラがWBAライト級新王者、リマッチは明白決着 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年11月22日
  16. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2015年12月10日
  17. ^ 最新ランキング、ヒューリーが2団体で月間MVP Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月11日
  18. ^ Ward dropped, wins 114-113 decision on all cards Archived 2016年11月20日, at the Wayback Machine. Fightnews.com 2016年11月20日
  19. ^ ウォードが戴冠、コバレフに僅差 L・ヘビー級戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年11月20日

関連項目編集

外部リンク編集

暫定王座決定戦 対戦者
アルヘニス・ロペス
WBA世界ライト級暫定王者
2014年6月28日 - 2015年4月10日
次暫定王者
正規認定により消滅
前王者
休養王者
リカルド・アブリル
WBA世界ライト級王者

2015年4月10日 - 2015年11月21日

次王者
アンソニー・クローラ