メインメニューを開く
チェックリスト。一覧のうち、項目に合致したらチェックを入れていく。

チェックリスト[1]: check list)は、確認項目と、「はい」「いいえ」、「〇」「×」、「ㇾ」などの判定が組になった一覧表であり、何かをするときに「必要になるモノ」や「必要になる行動」を一覧表にしたものである[2]。確認事項を効率的に網羅的に漏れなく確認するための手法。

目次

使い方編集

用途は日常やビジネスなどで様々であり、個人では遠足や旅行の荷物確認、健康診断アンケート、買い物などの場合に用いられる。

企業では漏れなく安全に作業を開始ししたり、終了したりする場合に用いられ、特に航空業界では、飛行機の操縦を行うにあたっての注意書きや確認事項を項目別にリストアップしたものを、正副操縦士が1項目ずつ読み上げ、正しく操作がなされたかを確認する目的などで用いられる。

ソフトウェア開発においては、プログラムを検査するチェックリストをPCL(Program Check List)と呼ぶ。

懸念編集

行動経済学者であるダニエル・カーネマンは、「チェックリストがどんなに効果があると分かっていても、人間味に欠け、人をロボットにしてしまう感じがするから、みんなチェックリストを嫌う」と述べている[3]

関連項目編集

出典編集