チャウル: Chaul)は、ポルトガル領インドのかつての都市であり、現在は廃墟となっている。インド西部のマハーラーシュトラ州ラーイガド県にあり、ムンバイの南60kmに位置している。

Chaul
town
1722年にチャウル沖で勝利したマラータのen:コリ人[1]提督、カナージ・アングリアのAlibag市にあるサマディ(samadhi・マウソレウムのこと)
1722年にチャウル沖で勝利したマラータen:コリ人[1]提督カナージ・アングリアのAlibag市にあるサマディ(samadhi・マウソレウムのこと)
愛称: 
Shivsena Nagari
Chaulの位置(マハーラーシュトラ州内)
Chaul
Chaul
インド、マハーラーシュトラ州
座標:北緯18度32分46秒 東経72度55分38秒 / 北緯18.5461度 東経72.9272度 / 18.5461; 72.9272座標: 北緯18度32分46秒 東経72度55分38秒 / 北緯18.5461度 東経72.9272度 / 18.5461; 72.9272
Country インドの旗 インド
マハーラーシュトラ州
行政
 • 種別 パンチャヤット
言語
 • 公用語 マラーティー語
等時帯 UTC+5:30 (IST)
チャウルの古地図。河口の対岸、南岸にあるのがコーライ


歴史編集

1508年のチャウル海戦でエジプトのマムルーク朝の来援を得たグジャラート・スルターン朝の艦隊はポルトガル艦隊を破った。その結果、1509年にディーウ沖の海戦が置き、インド洋でのポルトガルの優位が確立された。

チャウルでの最初のポルトガル人の入植は1521年に行われ、クンダリカ川の南岸に最初の砦が建設された。1531年10月、ポルトガル人はサンタマリア・ド・カステッロという名前の新しい要塞を建設した。この要塞には、120人分の住居と教会と住居があった。要塞の周りに町が発展したが、1558年に結ばれた条約により町の要塞化が禁止された。町はアフマドナガルニザーム・シャーヒーによる1570年-1571年の包囲戦で破壊されたが、包囲を解除する条約が締結され、町は再建され、壁と要塞に守られるようになった。町の反対側の川岸にある岩だらけの岬、モロ・デ・チャウルに砦(コーライ砦。en:Fortaleza do Morro de Chaul)が建てられた。町はさらに何回かの攻撃に耐え、1613年には城壁が拡張された。

チャウルはポルトガル領インドの北部州の一部であり、北部州は17世紀半ばまでに、南のチャウルから北のダマンまで、現在のマハーラーシュトラ州グジャラート州の海岸に沿って100kmの範囲に達した。北部州の首府は、ムンバイの北にあるバサイム(現代のバサイ・ビラール)にあった。 しかし、17世紀後半から18世紀初頭にかけて、ポルトガル領インドは経済的および政治的に衰退し、チャウルは以前の重要性を失った。

18世紀初頭にムガル帝国の勢力が衰退すると、マラーターはインド中西部での支配圏を拡大した。カリヤーンのポルトガル植民地は1720年にマラーターによって占領された。チャウルとモロデチャウルは1739年3月に包囲されたが、10月に包囲が解除された。1740年にバサイムが占領された後、平和条約が締結され、1740年9月18日、チャウルは条約によってマラーターに割譲された。その後、街は放棄され、廃墟となった。

チャウルの遺跡の近くにあるコーライ村には、ポルトガル語のクレオール語(en:Korlai Portuguese creole)を話す人々が今も住んでいる。


出典・脚注編集

  1. ^ LT GEN K. J., SINGH. “As NDA cadet, I was witness to Vice Admiral Awati’s kindness”. ThePrint.In. 2018年11月7日閲覧。