メインメニューを開く

摺鉦

チャンチキから転送)
摺鉦と撞木

摺鉦(すりがね)は金属製の打楽器の一種。鉦吾(しょうご)、当たり鉦(あたりがね)、チャンチキコンチキチャンギリ四助(よすけ)などともいう。

目次

形状編集

皿のような形状で、大きさは15cm前後のものが多く用いられる。撞木(しゅもく)と呼ばれる、先端に鹿の角のついた棒で皿の内側を叩く。

使用される音楽編集

芝居の下座音楽や郷土芸能の音楽、祭囃子阿波踊りなどの民族舞踊に用いられる。管弦楽曲でも使用されることがあり、大栗裕の『大阪俗謡による幻想曲』では特徴的なリズムを刻む。最近では、樽屋雅徳の『民衆を導く自由の女神』でも使われている。

奏法編集

奏法は、紐で吊るすか枠や柄をつけてそのまま打つ場合と、左手に直接持って指で音色や余韻を変えながら打つ場合がある。先述の撞木で叩くことにより音をだすが、その奏法は2種類あり皿のふちを叩く場合と中央部分を叩く場合がある。

名称について編集

この楽器を「当たり鉦」というのは、「する」という言葉を嫌ってのことである。また、「四助」というのは祭囃子で他の4人(締太鼓2、大太鼓1、1)を助けることからきているという。他、「摺鉦」という名称はふちを叩く動作の際、皿の中央部分を摺ることから、また、「チャンチキ(コンチキ)」という名称は中央部分を叩く場合を口伝にて「チャン(コン)」と表現し、ふちを叩く場合を口伝にて「チキ」と表現するためである。