メインメニューを開く

チャンピオンベースボール』は1983年アルファ電子開発、セガ(後のセガ・インタラクティブ)販売の業務用野球ゲーム。後にSG-1000に移植された。

目次

概要編集

当時、投げる、打つ、守るだけの野球ゲームに初めてデータ、選手名を表示し、他にバント、走塁、変化球を投げるなどの操作が完成し、今日における野球ゲームの原点とも言えるソフト。

全12球団から自分のチームを選び(CPU側は自分と同じリーグからランダムで決定)、球場正面から見た視点に左脇にピッチャーとバッターが表示される。守る場合にはセンターからの画面に変わる。サンプリング音声が多用されており、審判の音声の他に鳴り物や歓声にも使用されている。イニング終了時にプレイヤー側がリードしているか同点で次のイニングに進め、負けているとゲームオーバー。9回までリードを守りきれば勝利となり画面に約1秒「REPLAY」と赤文字で表示されチーム選択画面に戻り再試合することになる。

選手データは野手は打率、投手は打率、防御率のみが表示され、1982年当時プロ野球チームに所属していた選手が4文字以内にローマ字かイニシャルで表示され、往年の名選手の名前の選手もいる。投手や打者の交代も可能。

翌年に続編『チャンピオンベースボール2』が作られ、2人対戦プレイが可能になった。海外でも稼動しこちらは、メジャーリーグのある都市名のチームから12球団を選抜し使用されている。

登場チーム編集

移植作品編集

チーム選択がなく(先攻が「C」、後攻が「P」で固定)審判の音声もないが、おおむねアーケード版に忠実に移植となっている。打者の名前と打率も表示されるが、選手交代はない。球場画面は正面からのみ。得点差にかかわらずゲームセットまで試合をする内容になっている。2人対戦プレイが可能。  

関連項目編集