チャールズ・リッチモンド・ヘンダーソン

チャールズ・リッチモンド・ヘンダーソン(Charles Richmond Henderson、1848年12月17日1915年3月29日)は、アメリカ合衆国バプテスト教会教役者社会学者テレホートデトロイト牧師として20年近く働いた後、シカゴ大学から社会学の准教授に招かれ、後にはテニュア付きの教授となった。アメリカ合衆国の社会や、監獄制度、慈善活動の社会学などについて著作を残した。

The Reverend
Charles Richmond Henderson
生誕 (1848-12-17) 1848年12月17日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 インディアナ州コビントン
死没 1915年3月29日(1915-03-29)(66歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 サウスカロライナ州チャールストン
配偶者
Ella L. Levering (m. 1873)
聖職経歴
宗教 キリスト教バプテスト教会
司祭 1873年
チャールズ・リッチモンド・ヘンダーソン
人物情報
出身校
学問
学派 シカゴ学派[1]
研究機関 シカゴ大学
博士課程
指導学生
W・I・トマス
影響を
受けた人物
アルベルト・シェフレ[2]
テンプレートを表示
署名

経歴 編集

ヘンダーソンは、1848年12月17日インディアナ州コビントン英語版に生まれ[3]旧シカゴ大学英語版に学んで1870年B.A,1873年M.A.の学位を取得した[4]。また1873年には、バプテスト・ユニオン神学校 (the Baptist Union Theological Seminary) で、B.D.(神学の学士号)を取得し[4]教役者として按手された。1873年から1883年まで、ヘンダーソンはインディアナ州テレホートで、次いで1883年頃から1892年までデトロイトウッドワード・アベニュー・バプテスト教会英語版で、牧師として働いた[5]

1892年シカゴ大学社会学准教授に任命され、後に教授に昇任した。1898年から1899年にかけて、National Conference of Charities の会長を務め、1902年には全国監獄協会(National Prison Association:後のアメリカ矯正協会英語版)の会長、1910年には International Prison Congress の会長も務めた。1907年には、イリノイ州の職業病委員会 (the Illinois Commission on Occupational Diseases) の書記も務めた[6]

ヘンダーソンは、1915年3月29日サウスカロライナ州チャールストンで死去した[6]

おもな著書 編集

  • The Development of Doctrine in the Epistles (1894)
  • The Social Spirit in America (1896)
  • Social Settlements (1897)
  • Social Elements (1898)
  • An Introduction to the Study of the Dependent, Defective, and Delinquent Classes (1898; second edition, enlarged, 1901)
  • Modern Prison Systems (57th Congress, 2d Session, House Document No. 452, 1903)
  • Modern Methods of Charity (1904)
  • Industrial Insurance in the United States (1907)
  • Social Duties from a Christian Point of View (1909)
  • Education in Relation to Sex (1909)
  • Social Programmes of the West (1913)

脚注 編集

  1. ^ Abbott 2009, p. 400.
  2. ^ Schäfer 2000, p. 164.
  3. ^ The National Cyclopedia of American Biography 1901, p. 75.
  4. ^ a b Guide to the Charles Richmond Henderson Papers, 1902–1910”. Chicago: University of Chicago (2006年). 2021年10月2日閲覧。
  5. ^ Abbott 2010, p. 341; The National Cyclopedia of American Biography 1901, p. 75.
  6. ^ a b “Dr. C. R. Henderson Dies”. Star Tribune. United Press (Minneapolis, Minnesota): p. 3. (1915年3月30日). https://www.newspapers.com/clip/56810606/dr-c-r-henderson-dies/ 2020年8月6日閲覧。 

参考文献 編集

  • Abbott, Andrew (2009). “Organizations and the Chicago School”. In Adler, Paul. The Oxford Handbook of Sociology and Organization Studies: Classical Foundations. Oxford: Oxford University Press. pp. 399–420. doi:10.1093/oxfordhb/9780199535231.003.0018. ISBN 978-0-19-953523-1 
  • ---------- (2010). “Pragmatic Sociology and the Public Sphere: The Case of Charles Richmond Henderson”. Social Science History 34 (3): 337–371. doi:10.1017/S0145553200011299. ISSN 1527-8034. JSTOR 40927616. 
  • The National Cyclopedia of American Biography. 11. New York: James T. White & Company. (1901). https://archive.org/details/cu31924072688983 2021年10月2日閲覧。 
  • Schäfer, Axel R. (2000). American Progressives and German Social Reform, 1875–1920: Social Ethics, Moral Control, and the Regulatory State in a Transatlantic Context. Stuttgart: Franz Steiner Verlag. ISBN 978-3-515-07461-2 

  この記事にはパブリックドメインである次の出版物本文が含まれる: Gilman, D. C.; Peck, H. T.; Colby, F. M., eds. (1905). "HENDERSON, Charles Richmond (1848-)". New International Encyclopedia (英語) (1st ed.). New York: Dodd, Mead.

関連項目 編集

外部リンク 編集