チョネ県(―けん)は中国甘粛省甘南チベット族自治州に位置する。県人民政府は柳林鎮。

中華人民共和国 甘粛省 卓尼県
甘粛省中の卓尼県の位置
甘粛省中の卓尼県の位置
簡体字 卓尼
繁体字 卓尼
拼音 Zhuóní
チベット語 ཅོ་ནེ་རྫོང་
ワイリー方式 Co ne
蔵文拼音 Jonê
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
甘粛
自治州 甘南蔵族自治州
行政級別
面積
総面積 5,694 km²
人口
総人口(2004) 10 万人
経済
電話番号 0941
郵便番号 747600
行政区画代碼 623022
公式ウェブサイト http://www.zhuoni.gov.cn/

歴史編集

チョネとはチベット語を意味する。

チョネは洮河のほとりに位置する柳林鎮の辺りにあった。元貞元年(1295年)にチョネ大寺(現在の禅定寺)が建立された際、元々生えていた背の高い馬尾松を寺院の柱に使用したことからこの寺院の名前が付けられ、そしてこの寺院にちなみ、地名として定着した[1]

嘉靖17年(1538年)に6代目の卓尼(チョネ)土司楊臻が城壁を建設、地理形状が船に似ていたことから、チョネは「船城」と呼ばれた[1]

1939年に卓尼(チョネ)政治局が設置され、1950年に卓尼(チョネ)自治区に改編、更に1955年に卓尼(チョネ)県に改編され現在に至る。

行政区画編集

11鎮、3郷、1民族郷を管轄:

  • :柳林鎮、木耳鎮、扎古録鎮、喀爾欽鎮、蔵巴哇鎮、納浪鎮、洮硯鎮、阿子灘鎮、申蔵鎮、完冒鎮、尼巴鎮
  • :刀告郷、恰蓋郷、康多郷
  • 民族郷:勺哇トゥ族郷

産業編集

森林、草原、観光、水力エネルギー、鉱産資源がチョネの五大産業資源とされている[1]。 中国四大のひとつ、洮硯はここの名産である[2]

観光編集

脚注編集

  1. ^ a b c 卓尼県基本県情(2020年)[1]
  2. ^ 卓尼洮硯産業文化・雕刻[2]