チリ・カトリック大学

チリ・カトリック大学(チリ・カトリックだいがく、Pontificia Universidad Católica de Chile)は、 チリの首都サンティアゴにある私立大学。チリでは歴史の古い大学のひとつ。

チリ・カトリック大学
Pontificia Universidad Católica de Chile
Casa Central Pontificia Universidad Catolica de Chile.JPG
大学本部
種別 私立大学
設立年 1888年
宗教的提携関係 カトリック教会
教員数
1,652人[1]
職員数
2,210人[2]
学生総数 33,769人
学部生 29,212人
大学院生 4,557人
所在地  チリ
サンティアゴ
公式サイト www.uc.cl
テンプレートを表示

概要編集

1888年にサンティアゴの大司教により設立された。当初の学科は法学と数学のみだった。1930年ピウス11世 (ローマ教皇)によって教皇庁立大学に指定された。このため伝統的にバチカンとの関係が深い。

チリ・カトリック大学はチリを代表する大学のひとつと目されており、政界や経済界で活躍している人材を多数輩出している。国際的にも高く評価されており、2020年QS世界大学ランキングではラテンアメリカ地域で首位だった。

 
建築学部

脚注編集

  1. ^ Renato Pacheco. “Hechos y cifras - Destacados”. 2015年7月3日閲覧。
  2. ^ Administrator. “Información General - Drai UC”. 2015年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月3日閲覧。