ラテンアメリカ

ラテンアメリカ西: Latinoamérica, América Latina, : Latinoamerica, América Latina, : Latin America, : Amérique latine)は、アングロアメリカに対する概念で、アメリカ大陸北半球中緯度から南半球にかけて存在する独立国及び非独立地域を指す総称である[1]

ラテンアメリカ
Latin America
面積
 - 計 21,069,501km2 (8,134,979.8mi2)
人口
 - 計 572,039,894人

ここでの「ラテン」という接頭語は「イベリア(系)の」という意味であり、これらの地を支配していた旧宗主国が、ほぼスペインポルトガルであったことに由来している。 多くの地域がスペイン語ポルトガル語フランス語などのラテン系言語を公用語として用いており、社会文化もそれに沿ったものであったことから名付けられた。

右図に見るようにラテンアメリカは北アメリカ大陸メキシコをふくみ、南米大陸ガイアナスリナムフランス領ギアナをふくまない。ラテンアメリカは中南米と呼称される場合もあるが、図に合う正確な表現ではない[2]

目次

語源編集

ラテンアメリカの名称は1856年ヌエバ・グラナダ共和国(現在のコロンビア)の首都ボゴタで生まれた文人ホセ・マリア・トーレス=カイセードによって初めて用いられた[3][4]

1836年メキシコからテキサスが独立し、さらに1848年米墨戦争によってアメリカ合衆国に敗れ、メキシコは国土の半分を失った。1856年にはニカラグアの国内政治の混乱に乗じてアメリカ人侵略者ウィリアム・ウォーカーがニカラグアの大統領となるなど、アメリカ合衆国の膨張の前に、アメリカ大陸スペイン語圏の諸国は、存続の危機にさらされていた[4]。パリに在住していたイスパノアメリカ人たちはこうした事態に祖国がアメリカ合衆国に吸収されるという危惧を抱き始め、アングロサクソン列強の脅威に抵抗すべく運動を始めた。

当時、彼らは自分たちの国家群の呼称としてアメリカ・エスパニョーラを用いることが多かったが[4]、文明の中心であったフランスと一体であることを示す名称としてラサ・ラティノアメリカーナアメリカ・ラティーナ・サホーナ・エ・インディヘナといった呼称が論説などで用いられるようになり、カイセードが1856年9月26日、旅行先のヴェネツィアで書いた詩『二つのアメリカ』においてアメリカ・ラティーナという言葉が初めて用いられた[5]。この言葉は次第に新聞や雑誌、公文書へと浸透していき、フランス語においても1861年ごろよりラメリク・ラティーヌ(L'Amérique latine)の呼称が確認出来るようになる。英語のラテンアメリカの名称がスペイン語、フランス語のどちらから移入されたのかは定かではないが、この新しい名称の浸透はナポレオン3世によって積極的に行われ、次第にラテンアメリカという名称が世界に広がっていった。スペインではイスパノアメリカという表現も長年にわたって使われたが、この表現ではポルトガル語圏であるブラジルなどが含まれないこともあり、当のラテンアメリカではラテンアメリカという表現が一般的になり、今日では特別な場合を除きラテンアメリカという表現がスペインでも一般的である。[要出典]

定義編集

今日、単にラテンアメリカと称した場合は「メキシコ以南の北米大陸カリブ海地域全域、南アメリカ大陸全域の3地域とその周辺の島々」を指す[6](広義のラテンアメリカ)。

1960年頃まではラテン文化の伝統を引き継ぐ20の国[注釈 1]に限ってラテンアメリカと呼称されてきた。1962年以降、旧イギリス領から12、旧オランダ領から1の新しい独立国が興り、国際連合などでラテンアメリカ地域に含んだ形で言及されるようになり、ラテンアメリカの定義は曖昧さを孕むことになった[7]。近年ではこうした新興独立国の立場を考慮し、カリブ海地域と呼称し、「ラテンアメリカとカリブ海」などと表現する傾向が強まっている[6]。この場合のラテンアメリカという呼称は「ラテン的文化を保有する国と地域」を指すことになる(狭義のラテンアメリカ)。

ラテンアメリカの定義においては「広義のラテンアメリカ」と「狭義のラテンアメリカ」とを、文脈で判断し理解することが必要となっている。

日本においては「広義のラテンアメリカ」を総称して中南米と表すことが一般化している[6]。この言葉はラテン性を巡る諸問題を回避できる点で便利な言葉ではあるが、忠実に外国語に訳した場合に「セントラル・アンド・サウスアメリカ」となってしまい、メキシコやカリブ海地域が含まれないという別の問題を持っていると中川文雄は指摘している[6]

カナダケベック州ラテン系言語であるフランス語が第一言語であるが、他のラテンアメリカ諸国と地理的・経済的に大きく離れていることもあって、同地をラテンアメリカに含めることは少ない。

構成編集

ラテンアメリカは33の独立国およびいくつかの非独立地域で構成される。本一覧の国名表記は『ラテン・アメリカを知る事典』の各国便覧に倣う[8]

独立国編集

国・地域名 首都 体制 独立年 旧宗主国・領有国 公用語
  コスタリカ サンホセ 共和制 1821年   スペイン スペイン語
  メキシコ メキシコシティ 共和制 1821年   スペイン スペイン語
  ベリーズ ベルモパン 立憲君主制 1981年   イギリス 英語
  グアテマラ グアテマラシティ 共和制 1821年   スペイン スペイン語
  ホンジュラス テグシガルパ 共和制 1821年   スペイン スペイン語
  エルサルバドル サンサルバドル 共和制 1821年   スペイン スペイン語
  ニカラグア マナグア 共和制 1821年   スペイン スペイン語
  パナマ パナマシティ 共和制 1903年   スペイン スペイン語
  バハマ ナッソー 立憲君主制 1973年   イギリス 英語
  キューバ ハバナ 社会主義共和制 1902年   スペイン スペイン語
  ハイチ ポルトープランス 共和制 1804年 /  フランス /フランス語ハイチ語
  ドミニカ共和国 サントドミンゴ 共和制 1844年   スペイン スペイン語
  ジャマイカ キングストン 立憲君主制 1962年   イギリス 英語
  セントクリストファー・ネイビス バセテール 立憲君主制 1983年   イギリス 英語
  アンティグア・バーブーダ セントジョンズ 立憲君主制 1981年   イギリス 英語
  ドミニカ国 ロゾー 共和制 1978年   イギリス 英語
  セントルシア カストリーズ 立憲君主制 1979年   イギリス 英語
  セントビンセント・グレナディーン キングスタウン 立憲君主制 1979年   イギリス 英語
  バルバドス ブリッジタウン 立憲君主制 1966年   イギリス 英語
  グレナダ セントジョージズ 立憲君主制 1974年   イギリス 英語
  トリニダード・トバゴ ポートオブスペイン 共和制 1962年   イギリス 英語
  ベネズエラ カラカス 共和制 1811年   スペイン スペイン語
  ガイアナ ジョージタウン 共和制 1966年   イギリス 英語
  スリナム パラマリボ 共和制 1975年 /  オランダ /オランダ語
  コロンビア ボゴタ 共和制 1810年   スペイン スペイン語
  エクアドル キト 共和制 1822年   スペイン スペイン語
  ペルー リマ 共和制 1821年   スペイン スペイン語ケチュア語アイマラ語
  ボリビア スクレ / ラパス 共和制 1825年   スペイン スペイン語ケチュア語アイマラ語グアラニー語など多数
  ブラジル ブラジリア 共和制 1822年 /  ポルトガル /ポルトガル語
  パラグアイ アスンシオン 共和制 1811年   スペイン スペイン語グアラニー語
  チリ サンティアゴ・デ・チレ 共和制 1810年   スペイン スペイン語
  ウルグアイ モンテビデオ 共和制 1825年   スペイン スペイン語
  アルゼンチン ブエノスアイレス 共和制 1816年   スペイン スペイン語

非独立地域編集

国・地域名 首都 宗主国・領有国 公用語 人口 面積(km2
  アンギラ バレー   イギリスの海外領土 英語 15,423 91
  ケイマン諸島 ジョージタウン   イギリスの海外領土 英語 52,560 264
  タークス・カイコス諸島 コックバーンタウン   イギリスの海外領土 英語 46,335 948
  イギリス領ヴァージン諸島 ロードタウン   イギリスの海外領土 英語 31,148 151
  バミューダ諸島 ハミルトン   イギリスの海外領土 英語ポルトガル語 69,080 54
  フォークランド諸島 スタンリー   イギリスの海外領土 英語 3,140 12,173
  モントセラト プリマス(臨時首都ブレイズ   イギリスの海外領土 英語 5,164 102
  サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島 グリトビケン   イギリスの海外領土 英語 30 3,903
  フランス領ギアナ カイエンヌ   フランス海外県 フランス語 236,250 83,534
  グアドループ バステール   フランス海外県 フランス語 405,500 1,628
  マルティニク フォール・ド・フランス   フランス海外県 フランス語 403,795 1,128
  サン・マルタン島 マリゴ   フランス海外準県 フランス語 30,959 54.4
  サン・バルテルミー島 グスタビア   フランス海外準県 フランス語 7,332 21
  アルバ オラニエスタッド   オランダ王国構成国 オランダ語パピアメント語 107,635 180
  キュラソー島 ウィレムスタッド   オランダ王国構成国 オランダ語パピアメント語 142,180 444
  シント・マールテン島 フィリップスブルフ   オランダ王国構成国 オランダ語 37,429 34
  ボネール島 クラレンダイク   オランダ特別自治体 オランダ語パピアメント語 16,541 294
  シント・ユースタティウス島 オラニエスタッド   オランダ特別自治体 オランダ語英語 3,791 21
  サバ島 ボトム   オランダ特別自治体 オランダ語英語 1,971 13
  プエルトリコ サンフアン   アメリカ合衆国自治連邦区 スペイン語英語 3,998,905 13,790
  アメリカ領ヴァージン諸島 シャーロット・アマリー   アメリカ合衆国保護領 英語 109,574 1,910
  ナヴァッサ島 ルル・タウン   アメリカ合衆国領有小離島 無人 0 5.2

歴史編集

ラテンアメリカ史においての一般的な時代区分は先コロンブス時代植民地時代独立国家の時代の3つに大別される[9]

1492年イタリアの探検家クリストファー・コロンブスがカリブ海地域に到達した時点を起点として、それ以前を総称したのが先コロンブス時代で、数千年に渡る長い期間を通じて北アメリカ大陸メソアメリカ地域と、南アメリカ大陸アンデス地域を中心として様々な文化が開花していた。これらはまとめて古代文明と称されるが、3世紀から9世紀に至る最も華麗な文化が開花した時代を古典期としてその前後を先古典期後古典期と、あるいはそれ以上に細分化することもある[10]

1492年以降の植民地時代は、スペインポルトガルの両国による絶対王権によって統治された約300年間を指す。ラテンアメリカ地域の領有権の正当性は教皇によって与えられたものであったが、これを無視したオランダイギリスフランスデンマークスウェーデンなどのヨーロッパ諸国はカリブ海域の多くの島々や大陸の一部を占領・支配した。

19世紀初頭から現在に至る期間は独立国家の時代とされる。1929年世界恐慌によって寡頭支配勢力の弱体化が起こり、ラテンアメリカ諸国は新しい政治・経済秩序を模索し始めた。民主化の波に飲み込まれ、それまで無視されてきた大衆と呼ばれる人々が政治に大きな影響を与え始めるようになっていった。

2011年11月24日、中南米各国で学生による「教育のための行進」が行われた。この行進はチリ大学生連合とコロンビアの全国学生拡大会議が呼びかけたもので、ウルグアイ、アルゼンチン、ブラジル、エルサルバドル、パラグアイなどでもデモや集会が行われた[11]。直後の12月2日、植民地を除く全33ヶ国により、従前のラ米・カリブ首脳会議を発展させた「ラテンアメリカ・カリブ諸国共同体」が結成された。

他地域との関係編集

日本との関係編集

日本の海外直接投資総額の比率は1995年時点で12.6%となっている[12]。また、日本の総貿易額におけるラテンアメリカの比重は1997年時点で4.7%となっている[12]。内容は主としてラテンアメリカ諸国の天然資源を輸入し、日本から製造業製品を輸出するというものが多い。

文化的視点からは、アジア以外で初めて平等条約を締結したメキシコ修好通商条約100周年であった1988年を皮切りに、1997年チリ修好通商条約100周年、メキシコ移民100周年、1998年アルゼンチン修好通商条約100周年、1999年ペルー移民100周年など各国の記念行事が相次ぎ、それを契機に要人や文化人の相互訪問が活発となった[12]

ラテンアメリカに対する政府開発援助(ODA)は全体の10%程度で推移し、特に国民所得の低い中米諸国や、日系移民の多いブラジルペルーボリビアパラグアイなどへの資金協力や技術協力が目立つ。また、エルサルバドルハイチペルーなどへの政治目的を持った援助や、環境問題改善や麻薬対策といった地球的問題への取り組みも近年では増えてきている[12]

統計編集

国連『世界人口年鑑』(1996)によるラテンアメリカの人口推移。

地域 1950年 1960年 1970年 1980年 1985年 1990年 1995年 1996年
南アメリカ 11,200万人 14,700万人 19,100万人 24,000万人 26,700万人 29,300万人 31,700万人 32,200万人
中央アメリカ 3,700万人 4,900万人 6,700万人 9,000万人 10,000万人 11,200万人 12,300万人 12,600万人
カリブ海地域 1,700万人 2,000万人 2,500万人 2,900万人 3,100万人 3,400万人 3,600万人 3,600万人
合計 16,600万人 21,700万人 28,400万人 35,900万人 39,800万人 43,800万人 47,700万人 48,400万人

社会編集

人類学者ミッシェル・D・オリアンは、ラテンアメリカの社会を文化的生活面での共通項に着目し、インディオ社会メスティーソ社会アフロ・アメリカ社会ヨーロッパ的アメリカ社会移民社会の5つの社会に分類している[13]

これらは国あるいは地域によって独自性が認められつつもいくつかの点で共通した社会を形成しており、お互いに干渉しあいながら今日の複雑なラテンアメリカ社会を構成している。

人種編集

宗教編集

ラテンアメリカの宗教構成

宗教 全人口 キリスト教 イスラム教 先住民宗教 ユダヤ教 ヒンドゥー教 仏教 新宗教 聖霊崇拝 無神論
 1900年 6,500万人 6,200万人 5万人 220万人 2万人 10万人 0.5万人 0 20万人 40万人
 2000年 51,900万人 48,100万人 150万人 120万人 100万人 70万人 60万人 50万人 1,200万人 1,870万人
増減率(%) +698.5 +675.8 +2,900 -45.5 +5400 +600 +11,900 -- +5,900 +4,575

ラテンアメリカにおけるキリスト教諸派構成

宗教 カトリック プロテスタント 英国国教会 東方正教会 独立教会 少数派 福音派 ペンテコステ 二重信仰者
 1900年 5,900万人 90万人 70万人 70万人 3万人 0.3万人 70万人 1万人 30万人
 2000年 46,100万人 4,600万人 100万人 50万人 3,900万人 600万人 4,030万人 1,100万人 8,000万人
増減率(%) +681.4 +5011.1 -42.9 -28.6 +129,900 +199,900 +5,657.1 +109,900 +2,6566.7

(出典:Franz Damen,Bolivia/Belgica、2006「世界とラテンアメリカの宗教概観」(原稔. "ラテンアメリカの宗教変遷グロバリゼーションによる 40 年間の宗教勢力変化." 東洋哲学研究所紀要 22 (2006): 59-80.))

文化編集

文学編集

音楽編集

美術編集

映画編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ ブラジルハイチ及びスペイン語圏の18の国を指す。ただし、プエルトリコはその文化的背景からラテンアメリカに準ずるものとして扱う場合があった。

出典編集

参考文献編集

  • 大貫良夫、落合一泰、国本伊代、恒川恵市、福嶋正徳、松下洋 『ラテン・アメリカを知る事典』 平凡社、1987年ISBN 4582126251
  • 国本伊代、田中高編著 『ラテンアメリカ研究への招待』 新評論、1997年ISBN 4-7948-0354-0

関連項目編集

外部リンク編集