メインメニューを開く

チームミヤタTeam MIYATA)は日本の自転車ロードレースチームの一つ。自転車製造業の宮田工業(現:モリタ宮田工業、自転車製造はミヤタサイクルとして分社化)の自転車競技部である。2007年をもってプロチームとしての活動を休止、事実上解散。2008年からは宮田工業の社員選手による愛好会組織に改組された(ただし実業団チーム登録は継続している)。本拠地は神奈川県茅ヶ崎市[1]

2002年から活動休止まで、栗村修が監督を務めた。

沿革編集

  • 1968年 - 宮田工業社員の福利厚生を目的として宮田工業自転車競技部が発足。
    • 以後自転車競技経験者が入部し、個人・団体で国内タイトルを総なめにする。
  • 1973年 - 全日本実業団競技大会団体優勝、以後五連覇を果たす。
  • 1983年 - チームの活動を一時休止。
  • 1987年 - 宮田工業のクラブチーム「宮田工業チーム(ミヤタレーシングチーム)」として自転車競技部の活動を再開(現チームの発足)。
    • 以後、オリンピック出場選手(1992年:安藤康洋/バルセロナ、 1996年:真鍋和幸/アトランタ)を輩出するとともに、プロ契約選手の受け入れを始める。
  • 1997年 - 富士重工がスポンサーとなり、チーム名を「ミヤタスバルレーシングチーム」に改称。
  • 1998年 - ツール・ド・北海道で、当時所属していた行成秀人が個人総合優勝。
  • 2005年 - UCIコンチネンタルチームに登録
  • 2006年 - この年始まったサイクルロードレースジャパンツアー (J-Tour) シリーズで鈴木真理が初代王者となる。
  • 2007年 - 富士重工とのスポンサード契約終了。チーム名を「チームミヤタ (Team MIYATA) 」に改称[1]
    • 9月1日 - 2007年シーズン限りでプロロードチームとしての「チームミヤタ」の活動休止(事実上の解散)を発表。
  • 2008年 - 宮田工業の社員選手による愛好会組織「グランフォンド・チームミヤタ」に改組。

2007年の所属選手編集

過去の主な所属選手編集

スタッフとして

  • 橋本俊彦
  • 元木則之
  • 西井 匠(旧姓:石井)
  • 相川宗大
  • 森川健一郎
  • 絹代

脚注編集

外部リンク編集