ツィダンタ1世(Zidanta I, 紀元前16世紀)は、ヒッタイトの大王。

ツィダンタ1世
ヒッタイト
在位 紀元前16世紀

配偶者 ハンティリ1世の娘
子女 アンムナ
テンプレートを表示

経歴編集

ツィダンタは高位のヒッタイト貴族の一員であり、ハンティリ1世の義理の息子であった。ハンティリは大王ムルシリ1世の義兄弟であったが、ヒッタイト貴族の一部はその即位に不満を抱いており、それに乗じたツィダンタとハンティリは「宮殿に乗り込んで」ムルシリを殺害した。

ハンティリが大王に即位したものの、自分の実の息子ピシェニに王位を継がせようとしたため、ツィダンタはハンティリを殺して自ら大王に即位した。ツィダンタの治世に関する記録は今のところ発見されていない。ツィダンタは王位を狙う実の息子アンムナに殺害された。

先代:
ハンティリ1世
ヒッタイトの大王
紀元前16世紀
次代:
アンムナ