ツィツィミメ(Tzitzimime、単数形はツィツィミトル Tzitzimitl)は、アステカ神話の悪鬼である。

マリアベッキアーノ絵文書のツィツィミトル

後古典期中央メキシコでは、星座惑星は特定の条件下で恐しい人を食う悪鬼と化すと考えられた。とくに恐れられたのが日食で、星の悪鬼が太陽を攻撃していると考えられた[1]。また、アステカでは52年のカレンダー・ラウンドの終わりも恐しい時期であり、もし神官たちが新しい火をおこすことができなければ、ツィツィミメが天から降りてきて世界を破滅させると考えられた[1][2]

天の四方を支えるトラウィスカルパンテクトリシウテクトリエエカトルケツァルコアトルミクトランテクトリの4神もツィツィミメの役割を果たすと考えられた。しかし、ツィツィミメは一般的に女性と考えられている。『マリアベッキアーノ絵文書』のツィツィミメは骸骨の姿をして貝殻の縁取りのスカートを身につけている[1]

タモアンチャン女神であるイツパパロトルはもっとも重要なツィツィミメである[1]

ツィツィミメはまたプルケの起源説話にも登場する(マヤウェルを参照)[3]

脚注編集

  1. ^ a b c d Miller & Taube (1993) p.176 "tzitzimime"
  2. ^ Sasao (2001) p.367
  3. ^ Bye & Linares (2001) p.39

参考文献編集

  • Bye, Robert A.; Linares, Edelmira (2001). “Pulque”. The Oxford Encyclopedia of Mesoamerican Cultures. 3. Oxford University Press. pp. 38-40. ISBN 0195108159 
  • Miller, Mary; Taube, Karl (1993). The Gods and Symbols of Ancient Mexico and the Maya: An Illustrated Dictionary of Mesoamerican Religion. Thames & Hudson. ISBN 0500050686 (日本語訳:『図説マヤ・アステカ神話宗教事典』東洋書林、2000年)
  • Sasao, Michiyo (笹尾典代) (2001). “New Fire Ceremony”. The Oxford Encyclopedia of Mesoamerican Cultures. 2. Oxford University Press. pp. 366-368. ISBN 0195108159