ツェねずみ

ツェねずみ」は宮沢賢治の短編小説(寓話)。生前未発表の作品である。

草稿の表紙には「動物寓話集中」という書き込みがある。本作の内容の一部が「クンねずみ」の中で新聞記事として掲載されるという描写がある。執筆に使用した原稿用紙や筆記具、筆跡等から機械的に年代を推定して掲載順序を決定した『校本 宮澤賢治全集』(筑摩書房)においては、本作と「クンねすみ」「鳥箱先生とフウねずみ」は同じ巻に並ぶ形で掲載されている。

あらすじ編集

古い家の屋根裏に、「ツェ」という名のが住んでいた。ある時、ツェねずみはいたちから、戸棚から金平糖がこぼれ落ちているとの情報を得る。喜んだツェがその場へ行ってみると、すでにが大勢たかって運び出しており、ツェは手に入れ損ねる。怒ったツェはいたちの元へ駆け込み、「私のような弱いものをだますなんて!償うてください、償うてください(償ってください、賠償してください)」と喚きたてた挙句、いたちが集めた金平糖を首尾よく取り上げて持ち帰ってしまう。万事がこの調子なので、他の鼠からも動物からも嫌われる。

動物仲間から総スカンを食ったツェは、柱やちり取りバケツなどの道具類を仲間にする。しかし柱から転げ落ちれば柱相手に「償っておくれ」。ちり取りからもらった最中を食べて腹を壊せば「償っておくれ」。バケツからもらった洗濯ソーダで顔を洗い、髭が抜ければ「償っておくれ」。こうして、道具類からも相手にされなくなる。

最後にツェは、ねずみ捕りと付き合い始める。元来ねずみ捕りは人間の味方で鼠の敵のはずだが、人間から汚くあしらわれる彼はむしろ鼠に好意を持っており、仕掛けられた餌で鼠に交際をもちかけていた。しかし鼠たちは怖がってだれも近寄らない。そんな中で孤独なツェは、同じく孤独なねずみ捕りに接近したのだった。

最初のうちこそねずみ捕りに丁寧に接し、ありがたく餌を食べさせてもらっていたツェだが、次第に慢心が生じて態度がぞんざいになる。一方、毎晩ねずみ捕りを仕掛けながら餌を奪われる人間側は、「鼠からわいろでももらったか!」とネズミ捕りに悪態をつく。

そんなある日、いつものようにツェがねずみ捕りを訪れたところが、もらった餌のはんぺんが腐っていた。ツェが例の如く「償うてください、償うてください」と喚きたてたところ、怒ったねずみ取りは針金をきしませ、餌についていた鍵がはずれて入口が閉じてしまう。ツェは「ねずみ捕りさん。ひどいや。ひどいや。うう、くやしい。ねずみ捕りさん。あんまりだ」と叫んで騒ぎ回ったが、もう「償うてください」を口にする力はなかった。翌朝、人間(この家の下男)はねずみ取りを見て「しめた。しめた。とうとう、かかった。意地の悪そうなねずみだな。さあ、出て来い。こぞう」と嬉しそうにつぶやいた。

鑑賞編集

自身の弱さを武器として周囲に当たり散らしていたツェが次第に世間を狭くしていき、最後には敵であるはずの「ねずみ捕り」と交際せざるを得ない、という大いなる皮肉に面白さがある。

外部リンク編集