ツマンスキー設計局ロシア語: Опытное конструкторское бюро Туманский、第300設計局、OKB-300)は ソビエトの主任航空機エンジン設計者セルゲイ・コンスタンチノヴィチ・ツマンスキーに由来する設計局である。1956年ミクーリン設計局のゼネラルデザイナーにツマンスキーがなったことで設計局の名称が改称され設立した[1]。これに伴い、ミクーリンで設計中であったRD-9も名称が変更されている[2]1964年に設計局は第300工場、第500設計局と合併した。これが現在の航空機エンジン科学技術複合ソユーズロシア語版である[3]

エンジン編集

脚注編集

  1. ^ Tumanskii aircraft engine specifications
  2. ^ RD-9
  3. ^ Рассекречивание

外部リンク編集