ツヤプリシン (Thujaplicin) は、1930年代にベイスギ (Thuja plicata) から単離された一連の関連する化合物である[1]。α-ツヤプリシン、β-ツヤプリシン(ヒノキチオール)、γ-ツヤプリシンの3種類が存在する。これらは強い抗菌及び抗細菌活性があることが知られている[2]。また強い抗酸化活性も持つことが知られている[3]

Skeletal formula
Ball-and-stick model
α-ツヤプリシンの化学構造
Skeletal formula
Ball-and-stick model
β-ツヤプリシン(ヒノキチオール)の化学構造
Skeletal formula
Ball-and-stick model
γ-ツヤプリシンの化学構造

出典編集

  1. ^ Erdtman, H.; Gripenberg, J. (1948). “Antibiotic substances from the heart wood of Thuja plicata Don.”. Nature 161 (4097): 719. doi:10.1038/161719a0. 
  2. ^ Chedgy, R. J.; Lim, Y. W.; Breuil, C. (2009). “Effects of leaching on fungal growth and decay of Western red cedar (Thuja plicata)”. Canadian Journal of Microbiology 55 (5): 578-586. doi:10.1139/W08-161. PMID 19483786. 
  3. ^ Chedgy, R. (2010). Secondary Metabolites of Western Red Cedar (Thuja plicata). Lambert Academic Publishing. ISBN 978-3-8383-4661-8