ツール・ド・フランス1950

ツール・ド・フランス1950は、ツール・ド・フランスとしては37回目の大会。1950年7月13日から8月7日まで、全22ステージで行われた。


レース概要編集

第11ステージ(ポーからサン・ゴダンまで)において、西(フランス)チームのジャン・ロビックが、イタリアチームのエースであるジーノ・バルタリに転倒させられ、この区間を制したバルタリに対して、3分59秒遅れてゴールした。またこのステージ終了後、マイヨ・ジョーヌはイタリアのフィオレンツォ・マーニへと移動。

ところが、翌、第12ステージ開始前より、前日の一件に加え、イタリア人選手のマーニが総合首位ということに対して、多くの観客がイタリアチーム選手に対して怒号と非難を浴びせ続けた。これを受け、イタリアチーム監督のアルフレッド・ビンダは、同ステージ途中でイタリア選手全員をリタイアさせることを決めた。

これにより、第11ステージ終了時点では、首位マーニに対して2分31秒差の2位だった、スイスフェルディナント・キュプラーが第12ステージ終了時点でトップに立った。キュプラーはアルプス越えステージにおいて安定した走りを見せた。そして、第20ステージの個人タイムトライアルでは、追いすがるベルギースタン・オッカーを突き放し、見事、スイス国籍選手として初のツール・ド・フランス総合優勝を果たした。

ちなみにロビックは、キュプラーに遅れること59分45秒差の12位で完走した。

総合成績編集

順位 選手名 国籍 時間
1 フェルディナント・キュプラー   スイス 145時間36分56秒
2 スタン・オッカー   ベルギー +9分30秒
3 ルイゾン・ボベ   フランス +22分19秒
4 ラファエル・ジェミニアーニ   フランス +31分14秒
5 ジャン・キルシェン   ルクセンブルク +34分21秒
6 クレベール・ピオ   フランス +41分35秒
7 ピエール・コガン   フランス +52分22秒
8 レイモン・アンパニ   ベルギー +53分34秒
9 ジョルジュ・ミェニエ   フランス +54分29秒
10 ジャン・ゴルトシュミット   ルクセンブルク +55分21秒

 マイヨ・ジョーヌ保持者編集

選手名 国籍 首位区間
ジャン・ゴルトシュミット   ルクセンブルク 第1-第2、第6
ベルナール・ゴティエ   フランス 第3-第5、第7-第10
フィオレンツォ・マーニ   イタリア 第11
フェルディナント・キュプラー   スイス 第12-最終

各部門賞結果編集

第37回 ツール・ド・フランス 1950
全行程 22区間、 4775km
総合優勝 フェルディナント・キュプラー 145時間36分56秒
2位 スタン・オッカー +9分30秒
3位 ルイゾン・ボベ +22分19秒
4位 ラファエル・ジェミニアーニ +31分14秒
5位 ジャン・キルシェン +34分21秒
山岳賞 ルイゾン・ボベ 58ポイント
2位 スタン・オッカー 44ポイント
3位 ジャン・ロビック 41ポイント

外部リンク編集