テリー・ファンソワーズ

カナダの柔道家、俳優

テリー・ファンソワーズ[1](Terence Allen "Terry" Farnsworth, 1942年8月27日 - )は、カナダ出身の柔道家俳優

来歴・人物編集

20際のときに講道館で柔道を学ぶために来日後、エディ・アラブにスカウトされ俳優活動を始める[2]。1960年代に日本の映画テレビで活躍した。 特撮テレビドラマ『ウルトラセブン』(円谷プロダクションTBS)の第14・15話「ウルトラ警備隊西へ(前・後編)」に登場する諜報部員マービン・ウェッブ役が有名。

カナダ帰郷後は1972年のミュンヘン五輪柔道・男子93kg以下級)に出場し、家業の織物業を継いだ。

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『ウルトラセブン』におけるクレジット表記。通常、日本語でのFarnsworth姓は本来の英語発音に近い「ファーンズワース」と表記されることが多い。
  2. ^ Homenick, Brett. “FROM ULTRA SEVEN TO THE OLYMPICS! Terry Farnsworth on His Acting Career in Japan and Beyond!”. Vantage Point Interviews. 2016年12月31日閲覧。