メインメニューを開く

テレスコーピング・ボルト

上:UZI、下MP40
UZIの銃身(青)後端はボルト(緑)内部に入り込んでいる。

テレスコーピング・ボルト(英:Telescoping bolt)とはサブマシンガンの機構の1つで、「オーバーライディング・ボルト」や「L字型ボルト」とも呼ばれる。

1948年にチェコスロバキアで開発されたSa.23シリーズで最初に採用された。代表的なテレスコーピング・ボルト機構を採用したサブマシンガンとして、ウージーイングラムM10が挙げられる。

それまでのサブマシンガンは銃身ボルトが繋がるような構造をしていたのに対し、テレスコーピング・ボルトではボルトを銃身よりも大きく設計してくぼみを造り、そのくぼみに銃身を挿入することによって、銃の全長を短縮することが可能になった。このため、テレスコーピング・ボルトを採用したサブマシンガンは一見すると銃身が短くなったように見えるが、実際にはそれまでのサブマシンガンと長さが変わらないという利点がある。

また、ボルトの内部に銃身の一部が収まったことによって、ボルトの重量が銃の前側に来るため、弾丸を発射した時に銃の跳ね上がりを(ボルトの重量で)相殺するという利点もある。

テレスコーピング・ボルトを採用したサブマシンガンは銃身がボルトの内部に入るため、弾倉をトリガーの前側に装着する必要が無く、多くの場合はグリップの下側に挿入する形態を採る。