メインメニューを開く

テレビブロック(TV BLOCK)は、エポック社1979年に発売した家庭向けテレビゲーム[1]

テレビブロック
メーカー エポック社
種別 据え置き型
世代 第1世代
発売日 1979年
コントローラ入力 パドルコントローラ
テンプレートを表示

目次

概要編集

ブロックくずしを家庭用テレビゲームにしたもの、LSIアタリ社製。テレビブロック発売に先駆け、1977年にアタリ社が製造した同内容のゲーム機「ビデオピンボール」を37,500円で輸入販売していたが、後にLSIのみ供給を受けて自社生産し価格を下げて販売するようになった。本体価格13,500円。ゲームの種類を一種類入れ替えた「テレビブロックMB」も存在する。対抗機は任天堂が発売した「ブロック崩し」[1]。7種類のゲームがプレイできる。後期モデルはゲームが1本入れ替わっている[1]

コントローラ編集

  • リセットボタン
ゲームのスタートとリセットに使用。
  • ゲームセレクトボタン
遊ぶゲームを選択する。
  • ゲームレベルボタン
ゲームレベルを選択する。
  • ボールサーブボタン
ゲーム開始時やボールをミスしたときに新しいボールをサーブする。
  • ラケットコントローラー(パドル)
ラケットを左右に動かす。ブロック崩し・ラケット系のゲームで使用。
  • フリッパーボタン
本体側面左右に一つずつついている。フリッパー系のゲームで使用。

内蔵ゲーム編集

  • フリッパーピンボール1
  • ラケットピンボール1
  • フリッパーピンボール2
  • ラケットピンボール2
  • ラケットゲーム1(初代機のみ)
  • ラケットゲーム2
  • ブロック崩し1(MBのみ)
  • ブロック崩し2

脚注編集

  1. ^ a b c コアムックシリーズNO.682『電子ゲーム なつかしブック』p.58.

外部リンク編集