ディラーワル・ハーン

ディラーワル・ハーン・ゴーリー[1](Dilawar Khan Ghori, 生年不詳 - 1405年)は、インドマールワー・スルターン朝の君主(在位:1401年 - 1405年)[2]。即位に際し、アミド・シャー・ダーウード(Amid Shāh Dā'ūd)を名乗った[3]

ディラーワル・ハーン
マールワー・スルターン朝君主
Dilawar Khan's Mosque 04.jpg
ディラーワル・ハーンのモスク(マーンドゥー
在位 1401年 - 1405年

死去 1405年
子女 フーシャング・シャー
王朝 マールワー・スルターン朝(ゴール朝)
テンプレートを表示

生涯編集

ディラーワル・ハーンはトゥグルク朝の君主フィールーズ・シャー・トゥグルクによって、マールワーの総督に任命された[4]

1401年、ディラーワル・ハーンはトゥグルク朝に忠誠を撤回し、マールワー・スルターン朝を創始した[5]。 彼の創始した王朝はゴール朝と呼ばれ、1436年まで続いた[6]

1405年、ディラーワル・ハーンは死亡し、息子のフーシャング・シャーが王位を継承した。

脚注編集

  1. ^ ゴール(Ghor)とも
  2. ^ Day (1965), pp. 8-24.
  3. ^ Day (1965), p. 21.
  4. ^ An Advanced History of India:R C Majumdar, 2006, p. 304
  5. ^ ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.160
  6. ^ ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.160

参考文献編集

関連項目編集

先代:
マールワー・スルターン朝
1401年 - 1405年
次代:
フーシャング・シャー