ディートリヒ (ランツベルク辺境伯)

ディートリヒ・フォン・ランツベルク(Dietrich von Landsberg, 1242年 - 1285年2月8日)は、ランツベルク辺境伯マイセン辺境伯ハインリヒ3世(貴顕伯)とオーストリア公レオポルト6世の娘コンスタンツェとの間の次男。マイセン辺境伯アルブレヒト2世の弟。

ディートリヒ
Dietrich von Landsberg
ランツベルク辺境伯
在位 1265年 - 1285年

出生 1242年
死去 1285年2月8日
ポーランドからの帰途
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国、ゾイスリッツ修道院
配偶者 ヘレネ・フォン・ブランデンブルク
子女 ゾフィー
フリードリヒ・トゥタ
ゲルトルート
ヘレネ
ブリギッタ
家名 ヴェッティン家
父親 マイセン辺境伯ハインリヒ3世
母親 コンスタンツェ・フォン・バーベンベルク
テンプレートを表示

生涯編集

1265年の領土分割により、ランツベルク辺境伯領とラウジッツ辺境伯領を受け継いだ。マイセン辺境伯領とテューリンゲン方伯領は兄のアルブレヒト2世が相続することに決まったが、後に兄と甥のハインリヒ、フリードリヒ1世ディーツマンが仲違いした時、ディートリヒは3兄弟を引き取っている。

1258年に結婚したブランデンブルク辺境伯ヨハン1世の娘ヘレネ(1304年没)との間に、以下の子供たちをもうけた。