ディーワーリー

ディワーリの夜に灯かりを並べる女性達

ディワーリ[注釈 1]ヒンディー語: दिवाली, diwāliサンスクリット語: दीपावली, Dīpāvalī)は、インドヒンドゥー教新年のお祝い。別名「光のフェスティバル」とも呼ばれ、10月末から11月初めのインド暦の第七番目の月の初めの日になる。この日は新月と重なる。

目次

概要編集

シンガポールスリランカで祝日になっている。

この日は、ヒンドゥー教の女神ラクシュミーをお祝いする。この日は、ジャイナ教の開祖マハーヴィーラが究極の悟りを開いた日だともいわれる。

ディワーリの期間中は買物をすると縁起が良いとされ、特に耐久消費財の需要が伸張する。自動車、家電業界などではこの時期をかき入れ時として販売に力を入れる。

2013年のディワーリは、11月1日~6日まで実施され、この期間、郵便局や会社は休みとなる。

年々、各地で華やかな電灯が登場し、派手な飾り立て行われることが有名となっているが、本来は素焼きの器に火を灯す行事であった[1]

花火・爆竹と大気汚染問題編集

インドニューデリーでも、例年、大量の爆竹花火を使用した祝祭が行われてきたが、その煙が、2010年代以降深刻化した都市の大気汚染の一因として問題視されるようになった。2016年と2017年、インドの最高裁判所は、首都ニューデリーでディーワーリ前の爆竹の販売を禁止する判断を下した[2][3]。この決定に抗議したり、市外や密買業者から花火を購入したりするニューデリー市民もいる。

脚注編集