メインメニューを開く

ディーンドライブ(Dean drive, Dean Drive) は、アメリカ合衆国のノーマン・L・ディーン (Norman L. Dean) が発明したと主張した、反重力装置。

ディーンによれば、ディーンドライブは作用反作用の法則を破って動作し、宇宙船などの無反動推進として応用が可能だとされる。物理学の基本法則を破ることと、客観的な検証がされていないことから、物理学・科学技術の主流からは否定されている。

ディーンはディーンドライブに関して2つのアメリカ特許を取得している[1]。ただしそれらは、ディーンが製作しデモンストレーションに使ったものとは異なる装置である。

ディーンドライブをはじめて大きく扱ったのは、1950年代と1960年代にSF雑誌アスタウンディング・サイエンス・フィクション誌にて編集長ジョン・W・キャンベルが掲載したコラムである。キャンベルはそのころさまざまな疑似科学に傾倒しており、ディーンドライブも肯定的にとらえていた[2]

ディーンドライブは、UFO研究家により、しばしばUFOの飛行原理とされる。

出典編集

関連項目編集

イリヤの空、UFOの夏 --- ヒロインのイリヤが操る戦闘機は「ディーン・ドライブ」を主機関としている。

外部リンク編集