デイヴィッド・カーネギー (初代サウスエスク伯爵)

初代サウスエスク伯爵デイヴィッド・カーネギー英語: David Carnegie, 1st Earl of Southesk PC1575年1658年2月)は、スコットランド貴族。弟に初代ノースエスク伯爵ジョン・カーネギーがいる。

生涯編集

デイヴィッド・カーネギー(1598年4月9日没)と2人目の妻ユフィーム・ウィームズ(Eupheme Wemyss)の長男として、1575年に生まれ[1]、1598年に父の領地を継承した後、1601年から1603年まで大陸ヨーロッパを旅した[2]

1603年にスコットランドジェームズ6世イングランド王に即位するとき、王妃アン・オブ・デンマークに同伴してイングランドに向かった[3]。1609年、セント・アンドルーズ大学を改革するための理事に任命された[2]

ジェームズ6世の宗教政策を支持したため[3]、1616年4月14日にキンナードのカーネギー卿に叙され[1]、1633年6月22日にチャールズ1世ホリールード寺院で戴冠したとき[2]サウスエスク伯爵に叙された[1]

チャールズ1世とカヴェナンターの紛争(主教戦争)では最初はチャールズ1世を支持、1641年にチャールズ1世よりスコットランド枢密院英語版の枢密顧問官に任命されたが、カヴェナンターが最終的に勝利を収めるとその軍門に下った[2]。その後、1654年のクロムウェル恩赦法英語版により、3000ポンドの罰金を処された[3]

1658年2月に死去、長男に先立たれたため次男ジェームズが爵位を継承した[1]

家族編集

1595年10月8日、マーガレット・リンジー(Margaret Lindsay、1614年7月9日没、サー・デイヴィッド・リンジー英語版の娘)と結婚、4男6女を儲けた[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e Burke's Peerage, Baronetage and Knightage (英語) (99th ed.). London: Burke's Peerage Limited. 1949. p. 1881.
  2. ^ a b c d Henderson, Thomas Finlayson (1887). "Carnegie, David" . In Stephen, Leslie (ed.). Dictionary of National Biography (英語). 9. London: Smith, Elder & Co. pp. 137–138.
  3. ^ a b c Cokayne, George Edward, ed. (1896). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (S to T) (英語). 7 (1st ed.). London: George Bell & Sons. p. 198.
スコットランドの爵位
爵位創設 サウスエスク伯爵
1633年 – 1658年
次代
ジェームズ・カーネギー
カーネギー卿
1616年 – 1658年